クラシックカーテン

そんな過ごし方もステキでしょ?

2014年 7月 18日 金曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。
 
今日は愛知県名古屋市西区の掛け替えのお客様です。
ウォールナット、ダーク色で重厚感溢れるクラシックテイストに
ぷっくりとふくらみが感じられる織物カーテンをセレクトされています。
織物カーテンはヒダの出かた、見る角度、照明(光)の当たり方で表情豊かに変化します。
そこに巧みな織りで魅せる立体感が加わり上質感もアップ。

今回のカーテンの掛け替えに合わせて
腰高窓はシェードからカーテンへスタイルチェンジされました。
ヒダたっぷりのカーテンもステキなんです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 
 
 
 
 
 
 
 
レースは水彩タッチの花柄プリントをセレクト。
エンジやパープル、グリーンなどで明るくエレガントな印象と
全体のトーンの抑えて地の厚さもあるため落ち着いたインテリアに相性抜群です。
ダイニング開

 
 
 
 
 
 
 
 
 
地の厚さの理由は遮熱糸を使って密に織り込まれているため。
糸自体が普通のものより熱を帯びにくい(徐々には暑くなる)ものを使用しているレースです。
接写

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当然、光を沢山入れると熱は防げませんので透け感がなくなります。
お庭を見たいという方はあまりお勧めしません。
でも、こんなにステキなデザインが入っていれば
レースを見て過ごす、そんな過ごし方もステキでしょ?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 
 
 
 
 
 
 
 
それではまた。


斉藤アップ500×500グレイ【ブログ作成:斉藤】

今回はスイス製のレースカーテンがメイン

2014年 5月 2日 金曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです

今日は愛知県北名古屋市の掛け替えのお手伝いです。
カーテンランドの店頭に掛けられたレースカーテンを奥様がご覧になり、ずっと気になっていたというスイス製のレースカーテンをお選びいただきました。
木製の装飾ポールレールに以前は厚地が前、レースが窓側のベーシックな掛け方をされていました。
今回はレースがメイン。
厚地を窓側にして手前にお気に入りのレースをど~~~んっと見せるレースonスタイルです。
↓社交界を描いたデザインです。クラシックでエレガンス。生地のクオリティが高いので近くで見ても離れて見ても惚れ惚れしてしまうデザイン性の高い(お値段もちょと高い)レースカーテンです。

リビング①

 

↓とっても密度の高いオパール加工レースなので柄部分は上質感たっぷり。
こんな細かい加工と、こんなにも大胆なデザイン
クラシカルなモチーフですがモダンな空間にもカッコ良くマッチする作品となっています。

接写

 

それではまた。


店長500×500グレイ【担当Stylist:中野】

【オリジナルデザイン】

写真フラット 写真②

3つのモリスデザイン

2014年 1月 15日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。
今日の施工事例ブログは愛知県一宮市のお客様。
英国ブランド ウィリアムモリスをリビングと寝室にご採用いただきました。
まずはリビングをご紹介。
クラシカルな曲木のロッキングチェアがさりげなく置かれるお部屋にお選びいただいたのは
『ハニーサクル』
モリスの次女であるメイ・モリスがモリスのデザインを基に描いた作品。
閉
女性が描くモリスデザインは優しさに溢れた印象を感じます。
接写
続いて寝室。
寝室の掃出窓は『デイジー』雛菊を描いたこの作品はレース生地をご採用。
レースonスタイルでのコーディネートです。
奥様寝室
お客様の本物志向はカーテンレールも妥協なし。
アイアンレールの中でも鍛冶職人の手仕事を感じさせる作品は工芸品ともいえます。
ポール部分に見られるハンマード仕上げは味わい深い表情を見せてくれます。
奥様寝室アイアンレール
最後は寝室小窓。
ココもモリスデザインスタジオの作品。
2011年のモリスアーカイブコレクションで過去のモリスの資料を基に
現代のデザイナー アリソン・ジーが描いた絵になるデザインです。
プレーンシェードでフラットに柄を見せるようにコーディネートしていただきました。
奥様寝室小窓
それではまた。

 


 

≪その他の最新施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例