シンプルモダンに“あえて変える”のもオシャレなんです

2014年 10月 28日 火曜日
Pocket

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。
 
今日は愛知県尾張旭市のご新築のお手伝いをご紹介いたします。
リビングは南面と東面の2窓の掃出窓があります。
南面は壁めいっぱいに通された天井掘り込みのカーテンBOXがとってもスッキリとした印象となっています。

当初縦型ブラインドのコーディネートをお考えでしたが
今回は南面を縦型ブラインド、東面はカーテンでのコーディネートしています。
東も同じ縦型ブラインドでもステキなのですが、“あえて変える”オシャレもあると思います。
 
↓どうです?縦型ブラインドとカーテンでもカッコいいでしょ?
全体
 
実は東面は玄関へのアプローチに面している窓。
印象的な北欧プリントはお部屋の中からもアクセントなってくれていますが
実は外からも柄を感じることができます。
お選びいただいたこの生地はちょと薄手の生地なんです。
通常カーテンとしてお仕立てするときは裏地付をおススメしていますが
外からも柄が見えたほうが素敵なので今回はあえての裏地無しで縫製しています。

柄1巾で足りない分はライトグレーの無地カーテンでコーディネートをしています。
コチラの窓だけを見ても柄と無地のアシンメトリーな配分がなかなか素敵でしょ?
カーテン
 
縦型ブラインドの羽根は閉めてもボワーっと明るくなるフロストグラスのような見た目の生地をチョイス。
このタイプは生地の丈夫さと水拭きができるメンテナンス面も良く、見た目と機能を兼ね備えています。
掘り込みのカーテンBOXの場合ブラインドのヘッドボックスが隠れるので本当にスッキリとした印象にできます。
縦型ブラインド
 
東面のカーテンは柄と無地を入れ替えて楽しむことができます。
先日お客様より柄と無地を変えてみました♪とうれしいメールをいただきました。
ありがとうございました。
 
それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例

Pocket

Tags: , ,

Comments are closed.