アクセントクロスのお部屋のコーディネート ~LD編~

2014年 5月 15日 木曜日
Pocket

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。
お部屋の1面だけ色を変えたり、柄のクロスにしたり、タイルにしたりしたインテリアのコーディネート例をまとめています。

リフォームをされたお客様でリビングの1面がグレーのアクセントクロスになっています。
家具配置などを考慮されカーテンではなくプレーンシェードでのコーディネートです。
白い壁に白いベースのカーテンは空間が広く感じられ圧迫感もありません。
ただし、なじみ過ぎてしまい面白味が無いとも言えます。
ソファの張地が特徴的だったり、インテリアに見せ場がほかにある場合は窓周りがシンプルになっても良いと思います。
今回はあえて白には黒(実際はネイビー)、黒(グレーのクロス)には白というようにコントラストを強く出した“同柄色違い”でのコーディネートです。
メリハリが出てモダンさも際立ちます。

ACLD7

 

 

 

 

 

 

 

 

ご主人様がDIYで輸入クロスを貼られたマンションのコーディネート例です。
ワインカラーの花柄のアクセントクロスでお部屋のキーカラーは紫にされています。
カーテンも2重織のボリューム感が特徴の無地調生地とパープル、グリーンなどのストライプレースをセレクトされてアクセントクロスの配色ともリンクしています。
光沢のあるドレープカーテン、レースカーテンにすることでダイニングテープルのスチール、ガラスのシンプルモダンなイメージにもマッチします。

ACLD8

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイニングの1面にグリーンの草木花柄のアクセントクロスのコーディネートです。
ペンダントライト、ダイニングセットのクッション類でカラーを上手く取り入れて頂いているので窓はあっさりと木製ブラインドをセレクトされています。
ダイニングテーブル、チェアも本物を使われていますので窓周りも本物を使うのがベストです。
窓装飾を抑えるとアクセントクロスや家具などに視線がいきます。
好みにもよりますが柄のクロスにも柄のカーテンを合わせてもステキです。

ACLD6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィヴィッドなマルチカラーのデザインクロスをアクセントにしたインテリアのコーディネート例です。
壁紙の配色のトーンと合う大きなドットがらのオパール加工レースを手前にしたレースonドレープスタイルです。
特徴的なデザイン配色の壁紙との相性はモチロンのこと、レースを手前にすることで軽やかな印象になり、フローリングの明るさにも相性が良く、お部屋が明るくなっています。

ACLD2

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンとの仕切り壁をグリーンのアクセントクロスにされたコーディネート例です。
北欧マリメッコのウニッコ柄をご採用いただきました。
グリーンのアクセントクロスにグリーンのカーテンも相性抜群ですが今回は、甘くなり過ぎない がポイントです。
ブラックベースのサテン生地のため引き締まったモダンさも感じられます。
茎や花にグリーンが入った配色にもなるので自然とアクセントクロスにも合ってきます。
何気なく置かれた小物の置き時計のカラーもダークカラーで統一感もプラス。

ACLD3

 

 

 

 

 

 

 

 

木製板貼りの壁面とカーテンとのコーディネートです。
掃出窓は木製ブラインドでシンプルにして木板貼りの腰高窓は大胆なデザインファブリックでコーディネートされています。
1巾めいっぱいのデザインなのでプレーンシェード作製に足りない分は両端に無地を継いだボーダー仕様です。
このボーダーと木製ブラインドのラダーテープがリンクして壁面の木製の板貼りとブラインドの木製もつながりを持たせたコーディネート例です。

ACLD4

 

 

 

 

 

 

 

 

LDKの畳コーナーにつながる面になるアクセントクロスとのカーテンコーディネートです。
グリーンのナチュラルな質感のクロスに合わせたのは北欧デザイナーのスティグ・リンドベリの二つの作品です。
畳コーナーのプリーツスクリーンのカラーを合わせると、左からパープル・グリーン・パープルとなるようにされています。

ACLD1

 

 

 

 

 

 

 


 

≪その他の最新施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例

Pocket

Comments are closed.