絵本からとび出したお花畑と虫たちのカーテン

2019年 5月 15日 水曜日

 

一年のなかで一番色あざやかな季節です。
木々の花たちは順番を競うように、どんどん咲いていきます。

蝶々やハチ君、イモ虫君etc.・・・みんな動き出しています。

先日藤の花を見に行った時、ハチ達が一生懸命働いていたのを思い出します。

今日はお花畑に虫たちが忙しく飛びまわっている明るく楽しいカーテンをご紹介したいと思います。

イギリス製花畑と虫たちのカーテン

水彩画風のやさしいタッチの絵です。細かく見ていくと・・・様々なお花、てんとう虫やバッタ、トンボに蝶々。いろんな虫たちのいろんな表情がとっても楽しいデザインです。

イギリス製 オリジナルスタイルのお花畑と虫たちのカーテン

このサンプル自体は、カーテンランドお得意のスタイルカーテンになっています。

てんとう虫や蝶々が飛びまわっているお花畑のデザインに

トップとボトム部分にピンクのお花畑の別のデザイン生地をあしらっています。

イギリスのブランドの生地で、どちらも同じ絵本作家さんとのコラボレーション作品です。カーテンをかけるとお部屋がぱぁっと明るく楽しくなるんです。

イギリス製生地 お花畑と虫たちのカーテンランドオリジナルスタイルカーテン ボトム部分

素材は、コットン100%

レースカーテンもあります。グランドがオーガンジーなので、虫たちが今にも飛び出して来そうですよね。

オパール加工の部分に虫たちがプリントされています。

合わせて同じシリーズの生地とトリムコレクションの中から選んで、こんな風にクッションを作ることができます。

キータッセルのフリンジを選んでみました。

ふるふるとかわいらしいデザインとマルチカラーでカラフル。いろんなデザインに幅広く使えます 。

トリムは他にも、コレクションのテイストに合うデザインのものが色々あります。

クッション接写 キータッセルフリンジ

ユニークなお花畑と虫たちの世界、お部屋のインテリアにいかがですか。

カーテンランドのInstagram        

                     @curtainland_aichi

   店内の取り扱いアイテムについては  @curtainland_shop

FUGA(フーガ)施工実例 洗面室&和室

2019年 5月 13日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は名古屋市のご新築をご紹介致します。洗面室と和室に調光ロールスクリーンの『FUGA(フーガ)』を納めさせていただきました。ご採用いただいたのは市松柄とラインが交互に繰り返されたFUGAのデザインタイプです。

洗面室に調光ロールスクリーン FUGAを取付け

FIX窓とドアの組み合わせサッシでFIX窓側は洗面カウンターまでにしています。天井面の下地は窓側から30mm~40mm弱だけでしたので、通常では天井付けができない環境でしたが、ひと工夫して納めています。

つづいて和室をご紹介。
モダンでカッコいいスタイリッシュな和空間。
ここも洗面室と同じFUGAでコーディネートをしています。
同じデザインでも、シンプルなモノトーンインテリアから、少し和の趣のインテリアまで、幅広く合わせることができるデザイン性もFUGAデザインタイプの特徴のひとつになります。

和室に調光ロールスクリーン FUGA

和室もFIX窓とドアの組み合わせになっていますので横並びに2台割りにて納めています。このような場合のチェックポイントは2点。
一つ目は幅が異なる2台の横並びでは、大きい方と小さい方でメカニックのサイズが違う可能性があります。メカサイズが違う場合は大きい方のサイズに小さい方をあわせることで統一感のある納まりが実現できます。
二つ目は柄の流れ。突き合せ部分で柄の流れがちぐはぐにならないように2台突き合せ部分の柄合わせ指示が必要です。サイズを指定するだけのオーダーではこのようにならないので大きな窓でFUGAが気になった方はカーテンランドへご相談くださいね。

ちなみにFUGAならレース時に少しだけ上げることができます。こんな風にお庭を眺められるのも素敵でしょ?これもFUGAならではの特徴のひとつです。

FUGA(フーガ)を2台並びで取付け

横の鏡に映し出されたFUGAとお庭も素敵。この広がり、奥行き感は鏡効果抜群ですね。

それではまた。

≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例

リネンを使った織物レースカーテンを一枚掛けしたアーバンナチュラルなリビング

2019年 5月 11日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は岐阜県可児市のご新築のお客様。リビングの大きな窓にリネンを使ったデザインレースカーテンを一枚掛けのスタイルでコーディネート。床はグレイッシュなホワイト系で壁をグレーにされたモダンなインテリアにナチュラルな素材感とジャガード織り柄の高級感がMIXした、アーバンナチュラル(都会的なナチュラル)なレースカーテンをセレクトご採用いただきました。

レースカーテン一枚掛けのコーディネート

下からグラデーションの様になったデザインレースなので裾にいくにつれて色が濃くなります。リネンを使ったレースカーテンなのでルーズに床ズリズリスタイルも素敵なんです。ちなみにこの商品のカーテンランド店内サンプルもズリズリです。

↓夜はこんな感じ。
実はこのレースカーテンは、このような柄が入ったグラデーションだったんです。

ナチュラルモダンなジャガードレースカーテン

これがまたプリントではなく“織柄”という点がポイント。
昨年からポツポツとトレンドに敏感なハイブランドから出てきていた広幅横使いのジャガード生地。織物だからこそ滲み出るボリューム感が一枚掛けをしたときにも見劣りしない素敵なレースカーテンです。

生地の接写を取り忘れてしまったのでお店でパチリ!

柔らかくボリュームのあるデザインレースカーテン

この経年変化を表現したカスリとクラシカルなデザイン。それを大胆な大柄で、それもリネンという素材感もプラス。シンプルナチュラル、モダン、少しラスティックなイメージにも相性抜群なんです。

裏側はこんな感じになっています。

ジャガードデザインレース裏側

ところどころ糸を飛ばすことでカスレを出しつつ、柄はしっかりと感じられるように織り上げられています。
裏側の糸が飛び出しているのは織り柄以外の浮いている糸を後からカットしているため。そうすることで薄地のレースカーテンでも美しい無地のなかにしっかりとしたボリューム感の織り柄が実現できています。
最近ですと糸がボサボサッとあえて意匠的にみせる、なんてこともあるくらいなので裏側も結構カッコいいんです。

それではまた。

≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例