Posts Tagged ‘レースonレーススタイル’

モリスのイチゴ泥棒をフラットカーテンで納めました

2018年 12月 15日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県北名古屋市のお客様。
厚地カーテンの掛け替えで以前はグリーンの織柄カーテンを掛けられていました。そんなリビングをイメージチェンジ。
アンティークに、クラシックに、ウィリアム・モリスの「イチゴ泥棒」でコーディネート。ただし、カーテンはヒダ山をとらずフラットカーテンに。裏地付きでお仕立てすることで適度なボリューム感があり、カチッとしすぎないクラシカルなコーディネートを実現されています。

いちご泥棒レッドのフラットカーテン

実はこちらの窓は出窓。前のカーテンもあえて床までの丈でお仕立てになっていたこともあり今回も床まででのサイズにしています。

出窓にイチゴ泥棒のカーテン

カーテンが床までになるだけで落着きあるインテリアに感じられるんです。

出窓に床までのカーテン

リビングの中心的な存在の出窓。そこを大きく見せることで重厚感と高級感がグッと増して感じられます。

イチゴ泥棒レッドのフラットカーテン

ルーズなヒダとデザインがハッキリと楽しめるのもフラットカーテンの特長。モリスが描いたイチゴ泥棒がハッキリ見えて、モリスカーテンをフラットで仕上げるのもなかなか素敵でしょ?

2階ホールは、ドレープカーテン+レースカーテンからデザイン性の高いレースカーテンを手前に掛ける、レースonレーススタイルへ変更させていただきました。

レースカーテンにレースカーテンを重ねたコーディネート

居室ではない窓で比較的視線が気にならない窓であれば、閉めっぱなしでも暗くなりすぎず、デザインレースでお洒落な印象に生まれ変わるレースonレーススタイルもおすすめです。
それではまた。

↓モリスカーテンの施工事例はこちらから

グレーとネイビーのモダンカーテンコーディネート

2016年 10月 20日 木曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県高浜市のご新築のカーテンコーディネートのお手伝いです。
掃出窓はクラッシュ加工を施した光沢感のあるストライプレースを手前にしたレースonスタイルでコーディネート。
後ろに合わせたのはグレーのスエードカーテンです。

カーテンとプレーンシェードのコーディネート

小上がりのタタミコーナーの窓は英国ブランドの刺繍生地をプレーンシェードにお仕立てしています。

 

腰高窓のプレーンシェードにご採用いただいたのは奥様一目惚れの刺繍ファブリックス。
上質なサテン生地にシルバーやネイビーのメタリックな刺繍が施されたストライプデザインは長い年月を経たひびやアンティークな表情を独特な感性で呼び起こした作品です。

ネイビーとシルバーの刺繍モダン生地

窓枠内には掃出窓と共通のストライプレースカーテンをカーテンスタイルで納めました。

 

↓掃出窓横にある縦長窓には多色糸を使った繊細なストライプをチョイス。

ネイビーモダンレースカーテン

地層のような自然なゆらぎが魅力的な作品。メタリックな光沢と深く落ち着いたネイビー。薄手生地を二重に織りあげることで、深い色合いでも重たさがでないもこの生地の特長となっています。
抜群のしなやかさと柔らかなヒダは装飾タッセルでスタイリングを楽しむのにもグッド。

 

↓全体を見るとこんな感じ
グレーとネイビー、シルバーの光沢感にこだわったモダンインテリア。
3窓異なる組み合わせもなかなかカッコいいでしょ?。

グレーとネイビーのモダンコーディネート

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

北欧カーテンと遮像レースカーテン

2016年 9月 24日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日ご紹介するのは三重県鈴鹿市のご新築です。
リビングダイニングキッチンを北欧ブランドでコーディネート。
まずはリビングの大きな掃出窓。
大きな蓮の葉を描いた北欧デザインのレースカーテンと奥には昼間も夜も室内が見えにくい遮像レースカーテンを組み合わせしたレースカーテンが主役の“レースonレース スタイル”です。

マリメッコレースカーテンLDK

手前の北欧ブランドのレースカーテンは少し地の厚い生地に顔料プリントで蓮の葉が描かれています。
デザインは生地1巾で完結のデザインのため、デザインを切らない3枚割りでのコーディネートです。

 

ダイニングの腰高窓はリビングと同じデザインの厚地プリントを中央に、両サイドにイエローのコットン無地を継いだサイドボーダースタイルのプレーンシェードでコーディネート。
北欧生地が少し薄めな生地なのでシェードは裏地付き仕様でお仕立てしています。

マリメッコプレーンシェード

白地にグリーンの蓮の葉が絵になる作品です。
両サイドのイエローも額縁みたいでステキでしょ?

 

ダイニングはレースカーテンを窓枠内に納めています。
厚地をプレーンシェード、レースは窓枠内にカーテンレールを取付けしてカーテンスタイルの組み合わせです。

プレーンシェードと枠内レースカーテン

 

↓手前のレースカーテンが3枚割りなのでこんな見せ方もアリなんです。

レースonレーススタイル

左右のボリュームが非対称なアシンメトリーな感じもお部屋を素敵に演出してくれます。

 

後ろの遮像レースカーテンはヒダを程よく取って仕上げています。

遮像レースカーテンの使い方

 

↓輸入ファブリックは透けたネームもオシャレなんです。

生地ネームの透け

 

夜の見え方はこんな感じ。デザイン性の高いレースは夜見ても素敵なんです。

マリメッコカーテン夜の見え方

 

タタミコーナーには必要に応じて仕切れるようにロールスクリーンをセレクト。
2000mmを超えるサイズが可能なロールスクリーンは限られますが開閉の頻度に応じて1台や2台割りなどご相談しています。

間仕切りロールスクリーン

 

タタミコーナーの腰高窓はプリーツスクリーンをチョイス。
白い窓枠に合わせてプリーツスクリーンの部品色もホワイト。生地は和紙調のパープルとホワイトのレース生地でモダンな和室に相性の良いコーディネートとなっています。

和モダン和室にプリーツスクリーン

 

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >