Posts Tagged ‘尾張旭市’

ウィリアム・モリスのカーテンに一目惚れしていただきました

2018年 12月 22日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県尾張旭市のお客様の施工事例をご紹介します。リフォームで内装をキレイにされたタイミングでカーテンレールからカーテン、シェードまで新調させていただきました。
ご採用いただいたのはウィリアム・モリスの「イチゴ泥棒」。
高密度のジャガード織機で織りあげられたイチゴ泥棒はプリントカーテンとはまた違った高級感を醸し出してくれます。

ウィリアム・モリスのジャガードカーテン

↑外が明るい昼間に撮影をしていますがカーテンの柄がしっかりと見えるのは高密度の織物ならでは。細かなモリスのデザインを再現したジャガードモリスカーテンはアンティーク、クラシックテイストに相性抜群です。

レースカーテンもモリスデザインでコーディネート。 1875年デザインの「ラークスパア(飛燕草)」の編みレースです。

イチゴ泥棒とラークスパアレースカーテン

差し込む日差しが編みレースを通ることで柔らかな空気感を感じさせてくれます。床や壁にモリスデザインのラークスパアが影のように映り込んだり、日の移ろいと共に変化する様を楽しめるのも素敵なんです。

それではまた。

↓モリスカーテンの施工事例はこちらから

インパクト抜群の英国モダンアートファブリック

2015年 2月 10日 火曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は以前にリビングのカーテンを納めさせていただいたお客様の追加のご注文をいただいたコーディネートをご紹介します。

実はコチラのモダンなお家、玄関ホールが吹き抜けになっている開放感抜群の空間になっているんです。玄関から入ると見える2階の窓をポイントにした“見せる”コーディネートです。

玄関から見る

 

今回お選びいただいたファブリックスは高いインパクトの配色が特徴の英国製コレクションからのセレクト。
象徴的なアーカイブ画像を使って、ポップアートの芸術作品とも言える色とりどりの花柄が特徴です。 葉の黒と白地の上にデジタルプリントで描かれるこの花柄デザインは、見る人の心を揺さぶる魅力があります。

2階ホール

今回は窓枠内にカーテンスタイルで納めています。フラット気味に1ツ山縫製、片開きで1枚の布、生地としてデザイン優先でお仕立てしています。
ちょっと派手な、ちょっと人とは違うカーテンにされたい方(笑)
ぜひカーテンランド遊びに来てください。

それではまた。


店長500×500グレイ【担当Stylist:中野】

シンプルモダンに“あえて変える”のもオシャレなんです

2014年 10月 28日 火曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。
 
今日は愛知県尾張旭市のご新築のお手伝いをご紹介いたします。
リビングは南面と東面の2窓の掃出窓があります。
南面は壁めいっぱいに通された天井掘り込みのカーテンBOXがとってもスッキリとした印象となっています。

当初縦型ブラインドのコーディネートをお考えでしたが
今回は南面を縦型ブラインド、東面はカーテンでのコーディネートしています。
東も同じ縦型ブラインドでもステキなのですが、“あえて変える”オシャレもあると思います。
 
↓どうです?縦型ブラインドとカーテンでもカッコいいでしょ?
全体
 
実は東面は玄関へのアプローチに面している窓。
印象的な北欧プリントはお部屋の中からもアクセントなってくれていますが
実は外からも柄を感じることができます。
お選びいただいたこの生地はちょと薄手の生地なんです。
通常カーテンとしてお仕立てするときは裏地付をおススメしていますが
外からも柄が見えたほうが素敵なので今回はあえての裏地無しで縫製しています。

柄1巾で足りない分はライトグレーの無地カーテンでコーディネートをしています。
コチラの窓だけを見ても柄と無地のアシンメトリーな配分がなかなか素敵でしょ?
カーテン
 
縦型ブラインドの羽根は閉めてもボワーっと明るくなるフロストグラスのような見た目の生地をチョイス。
このタイプは生地の丈夫さと水拭きができるメンテナンス面も良く、見た目と機能を兼ね備えています。
掘り込みのカーテンBOXの場合ブラインドのヘッドボックスが隠れるので本当にスッキリとした印象にできます。
縦型ブラインド
 
東面のカーテンは柄と無地を入れ替えて楽しむことができます。
先日お客様より柄と無地を変えてみました♪とうれしいメールをいただきました。
ありがとうございました。
 
それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例