Posts Tagged ‘犬山市’

スウェーデンハウス様の網戸タテヨコ問題解決?

2018年 10月 13日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県犬山市のお客様です。リビングダイニングのレースカーテンを新しくしていただきました。
アイビー柄のグリーンがキレイなレースカーテンでこの生地の魅力もお話したいのですが今日のブログはちょっと違うお話を。
腰高窓は厚地がシングルシェードでレースカーテンは窓枠内に上部筒縫い仕様のカフェカーテンです。
実はこのお客様には前にもカーテンをご購入いただいてましてその時の資料を確認すると網戸が付いているところと付いていないところがあったのです。
その網戸の確認のお話の中で『網戸は1階にあったものを2階にもっていって1階を新しい網戸にしました』と教えていただきました。

スウェーデンハウス様のドアのカーテン

『南側とは違うタイプが東側には付いています。』と仰るので東側の窓はヨコに網戸BOXがあるタイプと判明。
ヨコに網戸BOXがある場合、網戸BOXにテンションポールで上手く突っ張ることが難しく、カフェカーテンをどうしようかといつも悩んでいたのですが、後日奥様から網戸の箱の上に少し隙間があってココに突っ張れそうだけど・・・とご連絡がありました。ドアのレースカーテンの採寸もあるため伺った際に見るとこれがまたピッタリ入るんです。

 

ということで網戸がヨコ式でも同じ生地でカフェカーテンOKになりました。

アイビー柄のカフェカーテン

網戸をタテに開閉するタイプは網戸BOXの下にテンションポールでカフェカーテンを付けますので筒縫い部分が見えることもあります。
網戸をヨコに開閉するタイプは窓枠内上部ギリギリのところにしかテンションポールを通せないのでシェードで筒縫い部分が見えないようになりました。
ただしBOX部分も隠す様に覆うとレースが手前に出てきますのであらかじめご了解が必要です。網戸BOXが見えますが、カフェカーテンをガラス部分だけ隠れるようにすると枠内に納めることも可能です。
新しい発見を教えていただいた奥様に感謝感謝。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

北欧テイストの施工事例

ラスティックなフローリングの和モダンインテリア

2016年 12月 28日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。
本日で2016年の営業は終了いたしました。
本年もたくさんのお客様にご来店いただき、たくさんのコーディネートのお手伝いをさせていただきました。
又、当ブログも北は北海道、南は鹿児島と様々な方にご覧頂きご連絡をいただきました。本当にありがとうございました。
2017年も引き続きカーテンコーディネートに精進してまいりますので応援の程、よろしくお願いいたします。
来年は沖縄の方からもお問い合わせいただけるよう頑張ります(笑)

それでは2016年最後の施工事例ブログ
今日は愛知県犬山市のお客様のカーテンコーディネートをご紹介いたします。
古民家再生住宅を得意とされている建築会社様でご新築のお客様。
あらわしの梁とラスティックなブラウンが特徴的なフローリングの和モダンなLDKのお手伝いです。

アースカラーのインテリア

 

掃出窓にはベージュカラーのジャガードカーテンをご採用いただきました。
しっかりとボリューム感のある2倍ヒダでお仕立てしています。
ブラウンカラーで統一されたインテリには心地よい落ち着いた印象があります。
適度なボリュームをカーテンに持たせることで重心のしっかりとしたバランスの取れたコーディネートを実現されています。

ベージュのジャガードカーテン

 

ジャガードカーテンの流線形デザインがフローリングの木目とも相性抜群です。

ベージュのカーテン

 

ダイニング横、カウンター上にある小窓は北欧ブランドのポップなデザインをプレーンシェードでご採用いただきました。
ブラウンカラーで統一された空間に華やかな絵を飾る様にポイントにしています。

小窓にプレーンシェード

 

↓全体を見るとこんな感じ。
カッコいいでしょ~ステキでしょ~!?

ラスティックなフローリングの和モダンインテリア

 

最後にキッチンの収納棚をホワイトのコットンカーテンでちょと目隠し。

キッチンの目隠しカーテン

カーテンって野暮ったくなるかも・・・
なんて思っていらっしゃる方もいかがですか↑
天然素材のカーテンならさらっと軽やかな印象にもなって間仕切りがおしゃれになってくれるかも。

 

それではまた来年。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

これぞ北欧!!というカーテンコーディネート

2015年 8月 2日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。
今日は愛知県犬山市のご新築のカーテンコーディネートをご紹介します。

今回はこれぞ北欧!!と言ってもよいくらいの原色、ヴィヴィッドなカラーが特徴の絵画の様か作品が主役です。
カーテンランドの施工事例ブログではもうおなじみとなった無地と柄のカーテンを合わせて使った“分割カーテン”です。

リビング閉

いかがです?
北欧のデザインは好きなんだけど、うちの窓は大きいからなぁ・・・ なんて考えていた方も多いかも。
でもこんな自由な発想で大きな窓にちょとハデめな北欧デザインを取り入れてみるのも素敵でしょ?
気になった方は、ブログ記事下のタグ “分割カーテン” をクリックしてみてください。
いろいろなインテリアの分割カーテンがご覧いただけます。

 

中央の北欧ファブリックは
水彩のにじみの様な表現が幻想的で美しいデザイン。
明るさ鮮やかさの近い無地が額縁の様な役割になり中央のデザインを引き立ててくれるのは、3分割(3枚割り)カーテンならではとも言えます。

リビング近く

 

ダイニングの縦長窓にはロールスクリーンをセレクト。
スクエアのドットが2列 くり貫かれたデザインカットのロールスクリーンはシンプルになりがちなロールスクリーンをワンランクアップしてくれます。

ダイニングロールスクリーン

 

最後に玄関ホール。
タペストリー感覚で英国のプリント生地をプレーンシェードにしています。
海外のキッズコレクションはデザイン性も高いものが多くてオシャレなので本当に絵になるプリントも多いんです。
惚れ込んだデザインは飾るようにインテリアに取り入れる、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

玄関シェード

 

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

店長500×500グレイ【担当Stylist:中野】