Posts Tagged ‘稲沢市’

レースが主役の玄関・リビングのコーディネート

2016年 7月 17日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県稲沢市のご新築のお手伝いをご紹介します。
玄関土間スペースにある大きな窓を印象的にレースカーテンでコーディネート。
大きな樹が右から伸びるように描かれたデザインレースは北欧ブランドのファブリックです。
昼間のダイナミックな陰影は顔料プリントならでは。フラットにお仕立てして、足りない分を無地のシンプルレースで合わせます。

大きな木柄のレースカーテン

無地はあえてヒダをたっぷりと取りました。無地にボリュームを持たせることで柄との対比がアクセントとなってくれています。

 

玄関ホールからリビング。
リビングルームの掃出窓もレースを主役にしたコーディネートです。

玄関ホールからリビングを見る

 

木立のようなデザインレースカーテン。
上部のヒダ山は1ツ山(ワンタック)でヒダ山間隔を細かくとることで、ウェーブがフラット気味になりデザイン(柄)がしっかりと見えるようにお仕立てしています。

木立柄のレースカーテン

 

オパール加工という糸を溶かす透明な部分をつくるこのレースは通常のプリントカーテンとは異なるハッキリとしたデザインとなるのも特長のひとつ。
そのオパール加工にカラーを加えた今回のレースカーテンは窓辺の主役にもなってくれます。

木の柄のレースカーテン

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例

リビング側が畳、ダイニング側がフローリングのLDK

2016年 4月 16日 土曜日

愛知県北名古屋市カーテンランドです。

今日は愛知県稲沢市のご新築です。
無垢の梁表し、フローリングにリビングは畳敷きのLDKにコットンガーゼが二重になったダブルガーゼカーテンをご採用いただきました。ダイニングの腰高窓は北欧デザインをプレーンシェードにして飾り棚のタイルとコーディネートされています。

ダイニング

 

北欧の若手デザイナーが過去のデザインからインスピレーションを得て描いた作品。
ちょっとレトロで、北欧デザインならではの毒っ気がいい味出してくれるんです。
↓飾り棚のタイルとの相性も抜群でしょ?

ダイニングシェード

 

リビングスペースは畳敷き。
和・ナチュラルなインテリアにコットンカーテンが良く合います。
小窓はカーテンと同色系ベージュの無地でシンプルに。

リビング

 

リビングダイニングを見るとこんな感じ。

ダイニングとリビング閉昼間

 

↓キッチンから見るとこんな感じ。

ダイニングとリビング

 

コットンダブルガーゼは二重になった生地のふわふわ感と生地のデコボコ感が特長。
お昼間束ねているときもその生地の特長が感じられます。

ダブルガーゼカーテン昼間

 

夜はこんな感じ。(シャッターを閉めてます)

ダイニングとリビング閉夜

 

無地のカーテンですが、天然素材ならではのテクスチャーが表情豊か。
これが天然素材カーテンの魅力的なところなんです。

ダブルガーゼカーテン

 

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例

シェードとロールスクリーンとシェードと・・・カーテン来たー!!

2016年 3月 16日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は昨日の続き『縦型ブラインドと横型ブラインドとプリーツスクリーンとマスキングテープ』の続きをご紹介。
リビングとつながるダイニングも大きな見せ場となる床までの3連スリット窓(3つ並びの窓)があります。

リビングからダイニングを見る

 

奥様一目惚れの北欧ブランドの幾何学パターンのプリントファブリックをプレーンシェードにしています。
リネン地(麻)ということもありコットンプリントよりも適度なハリ感や光沢が上品なモダンさを醸し出してくれます。
中央はあえてダークグレーの無地。
左右の柄位置も変えているのもそうですが、あえて揃えない、合わせ方も素敵でしょ?

ダイニング照明off

 

夜はペンダントライトが点くと、とっても幻想的。

ダイニング照明on

横長窓は窓を全開にすることができるロールスクリーンのホワイト色で壁になじむように。
目立たせるところは出して、引くところは引く。徹底されています。

 

続いて寝室をご紹介。
カーテンランドの施工事例ブログもご覧いただいていて、寝室のこの窓は絶対にこの生地でこのプレーンシェード!!と決めていた奥様。
ココは絶対に譲れないポイントでした。

プレーンシェード閉

右から左へと伸びる大きな樹木がモノトーンで描かれたプリントファブリック。
左右にアシンメトリー(左右非対称)に無地を継いだのもポイントです。
寝室ということもあり、遮光裏地付きのプレーンシェードとなっています。

 

ちなみにシェードを開けるとこんな感じ。
ここも3連の窓。リビングやダイニングなどのように3つ並びの窓にそれぞれ窓装飾を取り付けするのも素敵ですが、3連の窓を1台のプレーンシェードなどで柄(絵)を見せるコーディネートも素敵ですよね。

プレーンシェード開

あれ!?
縦型ブラインド、横型ブラインド、プリーツスクリーン、プレーンシェード、ロールスクリーン・・・!!
カーテンランドが カーテン を紹介して・・・ない!?

 

来たー!!
今回のお客様の唯一のカーテン。寝室の掃出窓。
プレーンな遮光カーテンですが、ちょとゴツゴツっとした表情がモダンな寝室にピッタリ。
グレーのアクセントクロスの上で浮かび上がるように見える北欧モダンファブリックのシェードもカッコいいでしょ?

寝室

寝室のメインは3連窓のプレーンシェードなので、ココはプラス、プラスで足しすぎないコーディネートをされています。
モノトーンを上手に取り入れたお客様に感服。

 

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

斉藤アップ500×500グレイ【担当Stylist:斉藤】