Posts Tagged ‘遮光カーテン’

一枚変えるだけで大きく変わるカーテンコーデ

2018年 9月 15日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県春日井市のご新築をご紹介。2窓並びの掃出窓があるリビングのカーテンをシルクタッチの無地ドレープカーテンをご採用いただきました。
シンプルでテクスチャーを楽しむだけでも素敵ですが、少しアクセントをプラス。一枚だけ色を変え、閉めた時に左右非対称のアシンメトリーに見えるようにコーディネートをしています。

一枚だけ色を変えたカーテンコーデ

一枚変わるだけで印象が大きく変わるでしょ~!?

 

カーテンレールはハウスメーカー様で施工されている奥様こだわりのウッドポールレールにされています。
窓ごとに両開きとなりますので中央にカーテンをまとめることになります。
その時にも一枚だけ濃い色がリビングダイニングの真ん中でいいアクセントになってくれるんです。

2窓並びの掃出窓のカーテンコーデ

 

タッセルはリバーシブルで製作で製作をしていますので、こんな感じで反対色にして楽しむことができます。

タッセルでアクセント

 

合わせたレースはレンガや壁の経年変化を思わせる織柄のストライプが特徴的なナチュラルモダンレースをチョイス。さりげない上質感がたまらないレースカーテンです。

ストライプのレースカーテン

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例

遮光カーテンリターン付、レールカバートップ仕様の寝室

2017年 2月 6日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は昨日の続きのプライベートルーム編をご紹介致します。
まずは寝室からご紹介。
寝室には深いグリーンカラーの遮光カーテンをセレクト。

寝室グリーンの遮光カーテン

↑一見、普通のカーテンに見えますが・・・

 

ココがポイント!
↓カーテンの端を壁まで伸ばした『リターン付カーテン』にされています。
これが当初からのお客様のご要望の一つ。

遮光カーテンリターン付

カーテンレールの上部も覆うカバートップ仕様で
一般的なカーテンよりも窓の上下左右をカバーしています。

 

↓遮光カーテンのリターン付、レールがカバートップ仕様の時のお昼間のお写真がこちら。

遮光カーテンリターン付の光の漏れ方

↑リターン付になることで両サイドからの光モレ軽減につながっているのが分かります。

 

続いて子供部屋のカーテンをご紹介致します。
南面に掃出窓、西面に幅の小さな腰高窓が2窓、北面に腰高窓の合計4窓。
↓掃出窓をブルーグリーンのドット柄、
西面を同じドット柄のお色目違いにしています。

ドット柄のカーテン

↑西面の腰高窓は幅が小さいため、あえて片開きにすることでヒダ山の間隔などの見た目が掃出窓と近くできるようにご提案しています。

 

北面の窓にはお魚が並んだ北欧ブランドのファブリックをプレーンシェードでご採用いただきました。
ご来店当初にサカナの柄はありませんか?とのご要望を伺っていて2回目のお打合せでタイミング良くご紹介できたファブリックを子供部屋にセレクトしていただきました。

ブルーのお魚柄カーテン

 

 

両サイドに継のはトーンを合わせたイエロー。
無地を両サイドに継いだ『サイドボーダー仕様』のプレーンシェードです。
ブルーとイエローでスウェーデンカラー(国旗の色)でのコーディネートです。

サカナ柄のプレーンシェード

ブルーとイエローのスウェーデンカラー(国旗の色)が爽やかに子供部屋を彩ります。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

オレンジのソファにモノトーンのモダンなレースカーテン

2016年 6月 26日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県知多郡阿久比町のご新築のお客様です。
LDKに入ってまず目に飛び込むのは立派な無垢の一枚板テーブル
そしてヴィヴィッドなオレンジのソファの置かれたリビングスペースです。
一面タイルのモダンなLDKには一段段差をつけた大開口の窓があります。

無垢一枚板のダイニングテーブル

天井面からのカーテンが可能な下地、環境作りを設計の段階からされていますので
カーテンがすっぽり納まっている、大開口でもスッキリとした窓周りを実現されています。

 

この大きな窓にはご主人様、奥様お二人の一目惚れのカーテンをご採用。
草木花が横方向に流れるように2段描かれたエレガンスでモダンなデザイン。
オレンジのソファが映えるモノトーンのデザインレースカーテンです。

オレンジのソファに合うカーテン

 

↓後ろのブラックの遮光カーテンを開けるとこんな感じ。
カッコいいでしょ?

モノトーンのレースカーテン

 

つづいてご紹介はプライベートルーム。
ルーバーでゆるく仕切られた寝室。入って正面となる窓の印象的なファブリックスがポイントとなっています。

ルーバーのあるインテリア

 

床はウォールナット、壁はグレーの落ち着いたインテリア。
掃出窓はブルーの無地調遮光カーテンで控えめにし、腰高窓の引き立て役に。
大胆で印象的にする場合お昼間もデザインが感じられやすいシェードスタイルがおすすめです。
↓タタミあげても絵になるでしょ?

プレーンシェードとカーテンのコーディネート

 

↓すべて閉めるとこんな感じ。
遮光裏地付きのプレーンシェードなので陽の透過が少なくなってもいますが
壁面にある白地がシェードだけなのでライトアップされているかのように明るく見え感じられます。
それがまたなんとも言えずカッコイイ。
(狙ってできたわけではありませんが・・・)

グレーの壁紙のカーテンコーディネート

シェードの両サイドの無地のカラーを悩みに悩まれましたがグレーの壁とのつなぎ役でほどよくなじむグレーベージュが中央の柄をより一層映えさせてくれています。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >