ブラインド カラーコーディネート

ピンクも使い方次第でカッコいいんです。

2014年 11月 28日 金曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。
 
今日は愛知県岩倉市の若夫婦のカーテンコーディネートをご紹介します。

リビング階段と重なっている縦長窓は窓枠内にすっぽりと納まるヨコ型アルミブラインドをセレクト。
実はこの窓はLDKに入ってきたときに正面にあたる壁面にあるんです。
そんな重要な窓はシンプル過ぎてはもったいない(笑)

カラーコーディネートブラインドの上下変化を付けてコーディネートをしています。
どうです?ピンクとネイビーのアクセントカラー。
ピンクも使い方次第でカッコいいんです。
ブラインド
 
ダイニングは輸入ファブリックでワンポイントアップ。
こちらの腰高窓はキッチンからダイニングテーブル、ペンダントの芯のラインよりも少しだけ右に振っていました。

今回のボーダー仕様のプレーンシェードは
両サイドに継いだネイビーの無地の配分をあえて変えることで
中央生地のデザインの芯がキッチンから続くラインに近くなっています。
こちらの配色もブラインドともつながりが感じられます。
ダイニング
 
リビング-ダイニングを見るとこんな感じ。
なかなか素敵でしょ?
LDK
 
つづいて和室をご紹介。
お伺いした時にまず感じた印象は
確かに和室だけど、和風じゃなくてもいいんじゃないか
と感じました。
そこで北欧モダンデザインをプレーンシェードで納めました。
和室
 
和室でご採用いただいた生地はリビングから中庭越しに見てもデザインがハッキリと見えてこれがまたオシャレなんです。
和室=プリーツスクリーン でなくてもアリでしょ?
中庭越しに和室を見る
 
お次は寝室です。
様々な色や質の樹が層のように重なったデザインのアクセントクロスがある空間を木製ブラインドでコーディネートです。

ブラインド!?まさか・・・

そうですそのまさかの木製ブラインドもカラーコーディネートしちゃってます。
このランダムなパターンがカッコいいんです。
寝室
 
↓このアクセントクロスのカラーに絶妙に合わせるこのご夫婦只者ではありません。
寝室アクセントクロス
 
最後は子供室。
エイジング加工を施したようなシャビーな表情の木板デザインのアクセントクロスが貼られています。
グレーとブルーグリーンの北欧調デザインの遮光プリントカーテンでポップにコーディネートをされています。
アクセントクロスにグレーやブルーグリーン系のカラーも入っており、カラーの相性もグッドです。
子供室
 
それではまた。


店長500×500グレイ【担当Stylist:中野】

木製ブラインドはこんなこともできるんです

2014年 11月 23日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県西春日井郡春日町の事務所のお手伝いです。

ダークブラウンのアクセントウォール、ブラウンのフローリングの空間を
全ての窓をアイボリーカラーの木製ブラインドでコーディネートしています。

ただ単純にアイボリー1色ではございません。
↓実は木製ブラインドはこんなこともできるんです。
全体
木製ブラインドは色を選べるのはスラット(羽根)の色だけではないのです。
今回はバランスからラダーテープ、ボトムバーまでをダークブラウンにしています。
これもカラーコーディネートブラインドですね。
 
↓木製ブラインドは窓枠内に取り付けをしてバランス(ヘッドボックスを覆う上飾り)のみ外に出して取付をしています。
窓枠の奥行が小さい場合などにもこのような納まりとなります。
バランス・ラダーテープ・ボトムバーのスラットとのコントラストがモダンさを際立たせてくれます。

木製のバランスが高級感も感じさせてくれます。
横から
 
それではまた。


斉藤アップ500×500グレイ【ブログ作成:斉藤】

赤・青・緑のモダンコーディネート

2014年 2月 9日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県江南市のご新築のカーテンコーディネートをご紹介。
玄関正面の小窓は印象的にしたいという事で、縦方向の草木花が描かれたオパールレースをセレクト。
レースで重たさを出さないようにしながらもトップボーダーに厚地でカラーを入れることで引き締まった印象になります。
花柄の赤いラインとリンクさせることで統一感も感じられます。
レールもこだわりポイント。アイアンレールで細部にも妥協なしです。

201402091

 

↓この照明器具とアイアンレールの装飾キャップのデザインが似ていて相性も抜群です。

201402092

 

続いてLDKをご紹介。
リビング側は造りつけのTVボードが窓直近まであり、引き出しや扉の開閉を気にせずできるように窓枠内に縦型ブラインドを取付。
ダイニングは奥様一目惚れの北欧モダ~ンなデザインをカーテンでコーディネートされています。
縦型ブラインドはお部屋の随所にあるダークブラウンと好みのカラーのネイビーをアクセントにしたカラーコーディネート。
ダイニングのカーテンも同じようにタテを意識してカーテン1枚の両端を額縁のようにグレーの無地をジョイントしています。
無地を幅継ぎすることでカーテンの耳に柄が食い込まず、表にデザインがすべてキレイに見えるのもメリットになります。
デメリットはカーテンが高くなります。

201402093

 

寝室は当初、調光型のロールスクリーンをお考えでしたが、最大サイズの制限から3窓を1台で出来ないなどの観点からこのスタイルとなりました。
『外からも中からも調光型のロールスクリーンの様な見た目も欲しい』という奥様のご要望で、太めの横ボーダーレースを窓枠内にフラットに取付をしています。
厚地は3窓を大きく1窓としてとらえてグリーンの北欧調遮光カーテンでコーディネート。
各お部屋にキーカラーを用いてコーディネートをされる奥様のセンスに脱帽。

201402094

 

↓ポイントはココ
ボトムにバーを入れることでプレーンシェードなどのように平坦になってくれます。
これが無いとせっかくのボーダーがフニャフニャ、クネクネになります。

201402095

 

それではまた。


斉藤アップ500×500グレイ【担当Stylist:斉藤】

【オリジナルデザイン】

写真①-1トップ1 デザイン写真1-1