間仕切り

リビング階段の間仕切りをお取付けしました。

2021年 4月 28日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

GW間近ですが、コロナのせいでまた我慢の連休になってしまいそうですね。

皆さん予定が変わってしまった方も多いのでは?

ちなみに・・・カーテンランドはGWも通常営業!致します。4/29(木)も通常定休日ですが

祝日ですので営業致します。お時間空いたりされましたらご来店下さいね。店内コロナ感染防止対策鋭意実施中です。(ご来店の際は、ご予約お願い致します。)

さて、今回ご紹介の施工事例は、間仕切りのお客様です。

SNSにアップされた以前の施工例を気に入っていただき、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

リビング階段の入口に間仕切りをご希望でした。

リビング間仕切り閉めた状態

カーテンスタイルでコーディネート。

ちょっとざっくりしたテクスチャで無地調のブラックに近いグレーでクールな印象の生地をセレクトされました。

間仕切りスッキリたたんだ状態

ゴールドのハトメにブラックのポールレールがモダンでカッコいい雰囲気。

開け閉めしやすいように、開口に対して上下10mm隙間を考えたサイズで

開けた時のたたみ代もあまりもたつかず、スッキリした感じにおさまっています。

リビング階段無地調でハトメ仕様のモダンな間仕切り

GW過ぎると暑い夏がすぐそこに・・・冷暖房の効率も良くなって、リビングのアクセントにもなる間仕切り。

気になる方は、カーテンランドにご相談下さいね。

★「オンラインカーテン相談」受付中です★

★カーテンランドでは、安心してご来店頂くお店作り上げを日々スタッフ一同努めております★

現在同一時間内3組様までのご予約優先のご対応とさせていただいておりますので、ご来店の際はご予約をお願いいたします。

≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例

カーテンランド施工事例 Instagram

@curtainland_aichi

北欧カーテン Instagram

@scandinavian_curtain

では、また。

在宅勤務テレワークスペースをカーテンを使ってオシャレに間仕切りお手伝い致します。

2020年 10月 12日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

新型コロナによる新しい生活様式で、在宅勤務をされている方も増えてきています。
そこでご提案。
設けられたご自宅でのお仕事場、テレワークスペースを、カーテンでオシャレに間仕切りしてみるのはいかがでしょうか?

カーテンでワークスペースを少しでも快適に、そしてインテリアに常に存在することとなったワークスペースをオシャレに目隠し。そんなお手伝いをカーテン専門店が承ります。


カーテンランドではリビング階段などへの間仕切りも、あえてロールスクリーンや、ただの無地カーテンというものでは無く、北欧などのデザインを取り入れたり、シンプルでも天然素材リネンや素材感に特長のあるカーテンなど、機能だけで終わらせない間仕切りカーテンをご提案してきました。

※施工事例ブログカテゴリー『間仕切り』もご覧下さい。

【天然素材で間仕切りをした事例】

リネンのダブルガーゼの間仕切りカーテンをダイニング側から見たところ

表も裏も見た目の良いスリムなカーテンレールをハリ下へ取り付けして天然素材のカーテンをフラットスタイルで間仕切りした施工事例です。

【オシャレなデザインで間仕切りした事例】

マリメッコカーテンで階段間仕切り

機能だけにとらわれがちな間仕切りをあえてインテリアのアクセントに♪

皆様の素敵なインテリアのお手伝いをぜひカーテンランドにおまかせください。

間仕切りカーテン リバーシブルボトムライン

2018年 4月 10日 火曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県岩倉市のご新築のお手伝いをご紹介します。
玄関入ってすぐのファミリークローゼットの開口をあえてドアではなくファブリックで間仕切りたいとかねてから希望していた奥様。
ご新居でのカーテンサンプル試着時に
候補の2枚のカーテンを重ねて持って見てもらったところ裾からチラっと見えたグリーンの無地。
即座に奥様が『この見えてるのがいい!!』と仰いました。

裾見せリバーシブルカーテン

↑そんなお打合せから生まれたこのカーテン。
裾に無地を継いでいるものとは違う、あえて2枚が重なっている感じ、これがなかなか素敵なんです。

↓裾から見えているグリーンはこんな感じになっています。
中からもプリントカーテンの裏側ではなくしっかりとしたカーテンのようにしたいということで、グリーンの無地カーテンとのリバーシブルになっているんです。

柄と無地を合わせたリバーシブルカーテン

なので
表側(柄のカーテン)から見たときに裾から見えていたのは反対側のグリーンの裾ということ。
単純にリバーシブルにするだけでなくあえて柄のカーテンの裾から無地を見せるようにした“リバーシブル ボトムライン”(←勝手に命名)となっています。

ファミリークローゼットの中から見るとこんな感じ。
カーテンレールも上の方へ取付けをしていただいているおかげで
どちらからもカーテンの上部フックが見えないようにできています。

クローゼット側はグリーンの無地カーテン

このようにできたのも、お客様がカーテンレール取付前に、というよりは建築前にご相談をいただけたおかげ。
そもそも下地がしっかりと入っていなければカーテンレールも上の方に取付けできないので、奥様のファインプレーです。

↓こちらのファブリックパネルも奥様が作られたそうです。
北欧全開玄関ホールの完成です♪

リバーシブルカーテンボトムライン

ファブリックの優しくてやわらかな表情で見せたいと考えられた玄関ホール。
奥様のこだわりポイントをお手伝いさせていただき本当に感謝感謝です。

それではまた

≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例