サンプル情報

電動バーチカルブラインドが仲間入り。バーチカルブラインドコーナーをリニューアル♪

2021年 3月 27日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

カーテンランドでは、バーチカルブラインドのディスプレイを、以前から木製バーチカルブラインド、レース付き(センターレース)のバーチカルブラインド、バトン式シングル バーチカルブラインド、そして唯一無二の表情を魅せるバーチカルシェード『スアベ』の展示をし、お客様に触れていただいていました。

それらのバーチカルブラインドを1階の窓際スペースへ移設しました。

バーチカルブラインドコーナー

そして、今回ここに『電動バーチカルブラインド』が仲間入り。電動ロールスクリーンや電動カーテンレールと同じように、“リモコン”でも“音声”でも操作ができるようにしています。

電動バーチカルブラインド

窓周りを造作家具のように重厚感、高級感を持たせたバーチカルブラインドのコーディネートをされたいお客様は「木製バーチカルブラインド」がおすすめ。

木製バーチカルブラインド

木製バーチカルブラインドを閉めた時

実際に触れて操作ができる木製バーチカルブラインドを展示しているお店は少ないかと思いますので、木製バーチカルブラインドをご検討の方はカーテンランドへお問い合せください。

そしてレース付きのバーチカルブラインドは「センターレーススタイル」と柔らかな採光が美しいバーチカルシェード「スアベ」をご覧いただけます。

厚地だけのシングルスタイルではなく、バーチカルブラインドに調光時、視線を遮るレースが欲しい方は「センターレーススタイル」がおすすめ。

バーチカルブラインド センターレーススタイル

視線を遮る機能だけでなく、窓装飾としての美しさと上質感をお望みのお客様にはバーチカルシェードの「スアベ」がおすすめです。

バーチカルシェード スアベ

バーチカルシェード スアベをレース状態にしたとき

一般的なレース付きバーチカルブラインドとは異なり、レースが曲線を描くため差し込む陽射しをグラデーションの様に柔らかく室内へと届けてくれます。ファブリックの美しさを纏ったバーチカルスタイルが「スアベ」の最大の特長です。

店内展示の Suave(スアベ)の特長を動画でもご紹介しています。

電動バーチカルブラインドと手動のバーチカルブラインドの比較や、手動操作の中でも「コード式」と「バトン式」との違いなどなど、実際のブラインドを操作していただくことで気づけることが多くあります。

最近では手動操作では「バトン式」の人気がありますが、当店のバトン式は「両開き」を展示しています。

バーチカルブラインド バトン式両開き

中央から両開きにしたいけど、コードの輪っかがちょっと不安。。。という小さいお子様がいらっしゃるご家族様にバトン式「両開き」がおすすめです。

各スタイル、商品毎で最大サイズや仕様なども異なりますので、ご来店の際はぜひお図面や窓の寸法が分かるものをご持参いただき、カーテンランドへご相談ください。

カーテンランドおすすめ生地も動画でご紹介

電動バーチカルブラインドも手動バーチカルブラインドも、電気工事士資格を持ったインテリアコーディネーターがご相談を承ります。窓周りや商品へのご質問はカーテンランド斉藤までお気軽にお問い合せ下さい。

どんどんお得になる♪得々キャンペーンもスタート!

この度の電動バーチカルブラインドや調光ロールスクリーンコーナーリニューアル記念に、メカ物がどんどんお値打ちになるキャンペーンをスタートします。

どういうことかと言うと

2台ご購入で販売価格から2%off

3台で3%off、4台で4%off
・・・・・・・9台で9%off

10台以上で販売価格から

10%offとなります♪

本日から5月末までに御見積りをさせていただいたお客様がキャンペーンの対象となります。

ぜひこの機会にカーテンランドでバーチカルブラインドをご検討ください。

≪カーテンの施工事例はこちら≫

過去の施工事例

カーテンランド施工事例 Instagram

@curtainland_aichi

北欧カーテン Instagram

@scandinavian_curtain

≪店舗情報≫

tel 0568-22-2588 担当:斉藤

ウィリアム・モリスカーテンの新柄が10月に発売開始

2020年 9月 4日 金曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

10月発売の新柄モリスカーテンをカーテンランドファン?・・・いやいやウィリアム・モリスファンの方に少し早めにデザインをご紹介。

おとぎ話にでてくる架空のうさぎからインスピレーションを受けたデザイン『ブレアラビット』ツイードのようなざっくり感のあるグランドに浮かび上がるようなデザインは織物モリスカーテンならではの表現となっています。

2020年モリス新柄カーテン1

ブルーグレー系のカラーも。ピュアモリスシリーズのような自然素材をシンプルに活かしたインテリアや経年変化を取り込んだシンプルナチュラルなインテリアも合せやすいウィリアム・モリスカーテンです。

2020年モリス新柄カーテン2

続いて、『ハニーサクル&チューリップ』
モノトーンでモダンなカラーがカッコいい、太番手のボリューム感やミックス系の素材感が新しいウィリアム・モリスの世界を感じさせてくれます。

2020年モリス新柄カーテン3

ウィリアム・モリスカーテンから初の遮光カーテンが登場。人気のウィローボウから3色展開。光りの当たる角度で葉っぱがグラデーションの様に変化して見える魅力的なジャガードモリスカーテンとなっています。

2020年モリス新柄カーテン4

新作ウィリアム・モリスカーテンが気になった方はぜひカーテンランドへお問い合せ下さい。

お打ち合わせや御見積りも承れますのでお気軽にご相談下さいね。

↓カーテンランドのウィリアム・モリスコーナー

ロールスクリーンと縦型ブラインド(ニチベイ)のnewタイプのご紹介

2020年 6月 19日 金曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

お部屋をシンプルにスッキリコーディネートしたいときに、ロールスクリーンやブラインドをお考えの方も多くいらっしゃいます。

先日、ロールスクリーンと縦型ブラインドのカタログがリニューアルされたので少しご紹介します。

今までよりも大開口の窓際のサイズまで作ることが可能になったロールスクリーンがこちらです。「プロチェーン式」のロールスクリーンです。

「プロチェーン式」を採用することで、普通のチェーン式より大きい最大幅3000mmまで製作が可能になりました。

「プロチェーン式」は、50mmの大型ホイールユニット搭載と太くて握りやすいボールチェーンにより、大型サイズでも軽くて安心の操作性がポイントなんです。

こちらも新しいタイプのロールスクリーンです。

今までは2台連窓で取り付けていた所を、上部メカ部分が一体になったもので、「セパレートタイプ」というロールスクリーンです。

上の写真のように、生地間の隙間が38%低減され、光漏れや気になる視線が少なくなったのと、2台取り付けるよりも価格がお値打ちになります。

部品のカラーもブラックが加わり、よりお客様のセレクトの幅も広がりました。

スッキリシンプルモダンなイメージでは、縦型ブラインドも素敵なアイテムです。

今回画期的な新製品で、バックレーススタイルというタイプが発売されました。

厚地とレースの羽根(ルーバー)、この組合せのタイプは、「センターレーススタイル」というのがありましたが、

こちらの「バックレーススタイル」は、取付時の奥行のサイズが少し大きくなりますが、ブラインドを開けた時の羽根のタタミ代が、厚地とレースの羽根がくの字で畳まれていくことで、「センターレースタイプ」より少しですみます。

実際の動きを見て頂くとわかるのですが、今までとは違った動きをするので、ビックリです。

それぞれこういったメカ物には、製作時の条件が色々ありますが、

IoTに対応した電動タイプなどなど、美しさや機能性がどんどん時代に沿って変わって、新しいタイプがでできています。

いろいろ進化していっていますので、ロールスクリーンやブラインドをお考えの方は、どんなのがあるか一度チェックしてみて下さいね。

カーテンランドのInstagram        

                     @curtainland_aichi

   店内の取り扱いアイテムについては  @curtainland_shop