メカ物

バーチカルブラインドで一番出っ張っているのは実はココなんです

2023年 12月 13日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドaichi斉藤です。

今日ご紹介するのは、お父様が設計をされたという明るく開放感抜群なお家の施工実例です。実は以前にも同じリビングルームにある幅の大きな窓の方にバーチカルブラインドを取り付けしていて、今回は取り付けをしていない窓への追加工事となります。

窓枠内へ取り付けをするのですが、枠内の奥行が少し特徴的になっています。

クロス巻き込みの枠内に額縁がある

前回のバーチカルブラインドも枠内付けにしているのですが、これが少々計算が必要なんです。なぜならクロス巻き込み部分から約50mmの位置に額縁があり、それに干渉しないようにしながら、可能な限り最大サイズで製作する必要があります。

どういうことかというと・・・

↑まず、レールはこんな感じで取り付けをして・・・

↓スラットを掛けるとこんな感じ。

↑『お~い!隙間空き過ぎじゃないか!?』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

↓ここがポイント!

実はバーチカルブラインドはボトム部分が一番出っ張っているんです。ココが額縁に当たってスラットの動きに支障が出ない最大幅を計算してバーチカルブラインドを作っています。

取り付け時にも右端のランナー芯と額縁の角、左端のランナー芯と額縁の角を測り、取り付けをしています。

↓取り付け後のお写真がこちら

ガラス繊維のバーチカルブラインドの施工事例

モノを置きながらもシンプルに住まう。これがなかなか難しいんですけど、めちゃくちゃカッコいいんですよね。それを実現されているお客様のセンスに脱帽。

それではまた。

その他の施工実例集はこちら→→【WORKS(施工事例)】

カーテンランドaichiyoutubeチャンネルはこちら→→ @curtainlandaichi

モルタルの床のリビングに調光ロールスクリーンFUGA バッテリー式を取り付け

2023年 8月 13日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日はモルタルの床に漆喰壁のシンプルモダンでカッコいいリビングルームのご紹介です。天井の意匠梁に溶け込むようにカーテンBOXを作られています。

そこから電動調光ロールスクリーン FUGAを取り付けします。

取り付け前

上の写真を見てすぐに気づかれた方はなかなかの猛者でございます。細かくシビアな採寸が欠かせない、そんな窓環境となっています。

↓まずはエアコン側

取り付け前エアコン側

窓側へ少し出ている状況です。なるべくギリギリにスクリーンが降りるように考えて計算をする必要があります。

↓海外製の高気密サッシを採用されていまして、取っ手が壁面より少し出ています。スクリーンが降りてくるとき、巻き上がるときにボトムバーと干渉が無いようにカーテンBOX内での取付位置に注意が必要です。

取り付け前サッシの出

↑又、窓の右側壁面にあるコンセントもスクリーンの降りてくる位置にあたります。コンセントを使用時はどうしても干渉をしてしまいますが、使っていない状態では干渉しない様にする必要があります。

左側はエアコン、右側はコンセント(壁面)までなるべくめいっぱい覆いたい。この状況下では、シビアに採寸をして、且つ電動調光ロールスクリーンという商品の特性も含めた予測で最小限のゆとりをみた製作が必要となります。

その結果がこちら

取り付け後

↓エアコン側

FUGAエコリモ取り付け後のエアコンとの隙間

施工時には、何度か昇降を繰り返し、巻きズレの動きを確認しながら、エアコンとの隙間を最小にしていきます。

↓コンセント側

FUGAエコリモ取り付け後のコンセントとの隙間

今回は比較的昇降時の巻きズレの動きは無かったため、そのままエアコン側へ寄せることができましたので“最小限のゆとり”はコンセント側にもってきました。

↓取っ手との隙間

FUGAエコリモ取り付け後のサッシ取っ手との隙間

↑FUGAをご存知の方は『おいおい、これじゃボトムバーが当たるだろ?』と仰るかもしれませんが、その通りで少し振られながら昇降したときはハンドルに触れます。ハンドルの上下がなめらかに曲線になっているので少し触れるだけでは昇降に支障が出ないギリギリの位置となっています。

余談ですが、ロールスクリーン系は前後に振られながら昇降することもあるのでお写真の位置より数mm手前に取り付けをしていました。それでも、取り付けの職人さんからは『攻めすぎじゃない?』と言われていましたが、ご主人様から『もう少し攻めたい!』とご要望をもらい、ボトムバーが触れるギリギリになっています。なのでこれはカーテンBOXへの取り付けで、現場で微調整をおこなうことでしか実現できません。

オーダー商品は採寸もとても重要なので、ぜひ窓周りのプロのカーテンランドへお任せください。

こちらの施工事例は動画でもご紹介しています。

それではまた。

≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例

カーテンランド施工事例 Instagram

@curtainland_aichi

北欧カーテン Instagram

@scandinavian_curtain

ウィリアムモリスカーテン愛知 Instagram

@williammorris_curtain

古民家再生リノベーション住宅にバーチカルシェード スアベを納めました。

2023年 4月 12日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

フルリノベーションされたモダンなお家に、ファブリックの美しさが際立つバーチカルシェード『スアベ』をご採用いただきました。

古民家再生リノベーション住宅

スアベに出会って一目惚れをされたお客様。日の移ろいを柔らかく取り込むスアベでメインの窓を飾ります。

南面のこの窓は、靴を脱いであがる土間スペースになっています。一間半サイズと一間サイズが並びます。

バーチカルシェードスアベ

スアベは窓枠内へ取り付けをしています。

↓調光全開時はこんな感じ。窓枠内に取付けをしていますので、両端はレース生地の無い部分が60mmくらいできます。

古民家リノベーションにバーチカルシェード スアベを取り付け

スアベは厚地とつながるレース生地が曲線を描くので、差し込む光を柔らかく感じます。平面で光を受けるバーチカルブラインドのレース付きとは大きな違いがあります。それにしても、このペンダントライト、12面体の木製スピーカー、そしてスアベ。絵になる~

↓全閉時はこんな感じ。

バーチカルシェードスアベを窓枠内へ取付け

こだわり抜いたお客様の、住み継ぐカッコ良さを感じられたリノベーション住宅の実例でした。

それではまた。

≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例

カーテンランド施工事例 Instagram

@curtainland_aichi

北欧カーテン Instagram

@scandinavian_curtain

ウィリアムモリスカーテン愛知 Instagram

@williammorris_curtain