モリス・リバティ・和風モダ~ン

2015年 5月 20日 水曜日
Pocket

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県春日井市のお客様のカーテン施工事例をご紹介します。
奥様が一目惚れされたのはウィリアムモリスのデザイン『いちご泥棒』でした。
カーテンランドでもやはり目にとまるのはモリスのデザイン。昨年、いちご泥棒はジャガード生地ができ、プリントと織物の両方からお選びいただけるようになりました。
今回ダイニングの窓にご採用いただいたのはジャガード(織物)の『いちご泥棒』。
織物ならでは重厚感、高密度の織りが作りだすプリントにも引けをとらない柄表現があります。

↓写真だとプリント生地かと感じてしまうくらいの巧みな織り。
すんごいでしょ?

ダイニング

 

掃出窓はいちご泥棒にも使われているブラウンゴールド色を拾って無地でコーディネート。
無地と言ってもただの無地ではないんです。
太さの異なる糸を複雑に絡ませたとっても味わい深い表情を魅せてくれる作品。
遮光生地なので生地のボリューム感もあり、小窓のいちご泥棒とバランスも取れ、高級感も抜群です。

閉

 

合せるレースも『いちご泥棒』をセレクト。
少しだけ “カーテンランド流” になっています。

LD

一間サイズの掃出窓と一間半サイズの掃出窓が並ぶ関係。
一間サイズは両開き、一間半サイズは3枚割りにさせていただき1枚当たりの仕上がり幅を全て同じサイズで作製しました。
2窓合わせて合計5枚のレースの内、いちご泥棒を2枚、無地を3枚にして
無地・いちご泥棒 ちょっと壁を挟んで 無地・いちご泥棒・無地
となるようにしています。

 

↓近くで見るとこんな感じ。
レースのいちご泥棒も素敵なんです。良いものは本当に良い!

リビングレース近く

 

広縁の窓はLDと変化をつけたコーディネート。
レースは帯の様な太めのラインが波打つモダンデザインをセレクト。
一見、洋風なデザインながら、和モダンな印象にピッタリのデザインレースです。

厚地は更紗柄の織物遮光カーテンをセレクト。
こちらもカラーをブラウンゴールドでLDと同系色にすることで、並びで通して見ても違和感ゼロです。

和室側

 

最後にご紹介は玄関ホール。
窓配置上、お家に入られた時よりもリビングから玄関へと向かわれる時に目にとまりやすいこちらの窓。
印象的にもなりやすい窓なので、アートを飾る感覚で英国 リバティ社のプリント生地をプレーンシェードでご採用いただきました。
伊勢型紙などの日本の伝統工芸にも深く影響を受けたリバティが描く “和柄” のプリントファブリックです。
これがまたお洒落なんです。

玄関ホール

最後までお家にこられたお客様を楽しませてくれるカーテンコーディネートをされるご夫婦のセンスにもう脱帽。

 

それではまた。


斉藤アップ500×500グレイ【担当Stylist:斉藤】

Pocket

Tags: , ,

Comments are closed.