リビングダイニングにリネンカーテンと木製ブラインド

2018年 1月 31日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日はリビングにリネンカーテン、ダイニングには木製ブラインドでコーディネートをしたお客様の施工事例です。

リネンバイカラーカーテンと木製ブラインド

↑リビング掃出窓のリネンカーテンはアイボリーとグレーを組み合わせした『バイカラーカーテン』です。

 

お昼間は、2本のリネンリボンテープを手前で結ぶリボンタッセルでアクセントに。

リネンカーテン バイカラー リボンタッセル

結び目をつくる位置でスッキリとタイトにみせたり
優雅にふわっと束ねるように結び目を下の方へしてみたり
ご自身でスタイリングを楽しめる自由度の高いリネンリボンタッセルです。

 

ダイニングの腰高窓は木製ブラインドでコーディネート。
ダイニングテーブルにカラーを合わせることでグッと統一感がでます。

木製ブラインド窓枠内取付

 

リネンカーテンと木製ブラインド、リビングダイニングともに自然の素材。
こんなコーディネートなかなかステキでしょ?

リネンカーテンとウッドブラインド

カーテンランドではリネンカーテンコーナーや

各メーカーの違いを見ていただけるウッドブラインドコーナーありますので
自然素材好き、天然素材のカーテン好きな方はぜひご来店下さい。

ウッドブラインドコーナー

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

しっかりと下地をいれていただいたからこそ

2018年 1月 30日 火曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市天白区のご新築のお手伝いをご紹介致します。
1階に居室、2階リビングのモダンなお家でロールスクリーンやシェードなどいわゆるメカもの系のコーディネートが主体です。
2階のLDKにはコの字型に囲われたバルコニーがあり、スッキリとロールスクリーンを窓枠内に取付。
スモーキーなグレーカラーで優しい穏やかさのあるシンプルナチュラルな印象です。

2階リビング ロールスクリーンのみ

 

横長窓と小窓には、ポルトガルのブランド『aldeco』のファブリックをご採用いただきました。
ランダムに濃いグレーの糸が見え隠れするヘリンボーン柄のモダンなファブリックをプレーンシェードにしています。

ALDECO Surprisingのプレーンシェード

何気ない柄でもオシャレでカッコいい、そんな生地が多いのもaldecoの特長です。

 

椅子張りに使える生地なのでカーテンではゴワゴワになりますが、シェードでは適度な生地のハリがタタミ上がりに影響なくカッコ良く納まります。

ブルーグレーカラーレースのシェード

レースはライトブルーのカラーレースを合わせました。
細かいきらめきを見せる糸がモダンさと高級感を感じさせ
グレイッシュな意匠糸が入ることでスモーキーなトーンにもなっています。

 

↓レースは重なることで色も重なり濃くなるので
カラーレースをシェードにしたときは少し開けたときもカッコいいんです。

グレーのツインシェード

 

↓徹底的にグレイッシュにこだわった上質感漂う組み合わせ、ステキでしょ?。

ヘリンボーン織柄グレー

 

つづいて寝室をご紹介。
寝室にもリビングと同じように横長の窓があり、ブルーのアクセントクロスに映えるホワイト生地のプレーンシェードと窓枠内にロールスクリーンでコーディネート。

プレーンシェードと枠内ロールスクリーンレース

 

窓枠内のロールスクリーンを開けると手前のシェードのたたみ代でロールスクリーンが隠れるようにしています。

枠内のロールスクリーン全開

このようにするためには細かい計算をしてのお仕立てと細かい指示の取付工事をおこなってくれる職人さんの存在が不可欠なのですが、大前提で窓装飾が取付けできる下地が大きく入っている必要があります。

 

しっかりと下地を入れていただいたハウスメーカー様に感謝感謝。
『これをリビングに付けたいんだけど・・・』などなどご相談は下地の有無が重要なこともありますので
ぜひ図面完成前にカーテンランドへご相談くださいね。
↓近くで見るとこんな感じ。

枠内のロールがシェードのたたみ代で隠れる様に

寝室はロールスクリーンのラインに合わせましたが
2階のリビングはツインシェードなのですべてたたみあげたときにたたみ代が窓にかからないような位置で取付けをしています。
同じ窓でも組み合わせ方で取付位置も仕上がり高さも変わります。それができるのもしっかりと取付ができる下地あってこそなんです。

 

ベッドヘッド側になる腰高窓はヴィラノヴァ2017春夏コレクションからのチョイス。
こちらの窓は透明ガラスではないので中間的な厚みのあるレースカーテンのシングル掛けでコーディネート。
スクエアのブロックがグラデーションのようにデザインされたこの生地は織り柄ならではのボリューム感がナチュラルにもモダンにもマッチします。

モノトーンブロックグラデーションレースカーテン

通常は広幅生地の横使いで上か下に濃い色の方をもってくるのですが
今回はあえて縦使いして左から右へグラデーションになるように。
普通に横使いで作ると腰高窓ではこの生地の全体が見せれないので、縦使いして且つ片開きで柄が切れない様にご提案しています。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

FUGA遮光タイプを寝室に取付

2018年 1月 29日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県丹羽郡大口町のお客様の施工事例をご紹介致します。
ファブリックのようなやわらかな光をコントロールしながら室内へと届ける調光ロールスクリーン FUGA(フーガ)を寝室の腰高窓に納品させていただきました。

調光ロールスクリーンFUGA遮光タイプ

調光ロールスクリーンの中でも市松柄やデザインをデジタルプリントしたものなど、特徴的な生地も多いFUGAですが、今回寝室に遮光タイプをご採用いただきました。
遮光タイプは光を遮る部分と通す部分のメリハリがでてカッコいいんです。

 

↓閉めるとこんな感じ
カラーはご主人様こだわりのダークカラーをチョイス。

FUGA遮光タイプ全閉

 

調光ロールスクリーンはブラインドのように隙間ができますので生地の閉まりが良いFUGAでも多少の光漏れは感じられます。

調光ロールスクリーンFUGA遮光タイプの光漏れ

カーテンの完全遮光のような高い遮光度をお求めの方はご注意下さい。

 

寝室には東面に高窓があり、そちらはシンプルなブラックのロールスクリーンをセレクト。
下からも開閉ができるように高窓用オペレーターが出ているので干渉しない位置まで手前に出して取付をしています。

オペレーターハンドルのある高窓

 

↓全部閉めるとこんな感じ。
遮光1級の生地なので上下左右の光漏れが目立つくらいに直射日光を遮ってくれます。

オペレーターハンドル有りの高窓にロールスクリーン

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >