デザイナーズギルドをアシンメトリーカーテンでコーディネート

2017年 12月 2日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市北区のご新築をお手伝い。
カリフォルニアスタイル、西海岸風インテリアのリビングダイニングです。

アシンメトリーカーテンコーディネート

リビングスペースの掃出窓はイギリス デザイナーズギルドのアウトドアコレクションからのセレクト。

 

閉めるとこんな感じ。
イエローの無地と組み合わせて左右非対称 アシンメトリーにコーディネート。

デザイナーズギルドのカーテン

タイの染料技術からインスパイアされたグラフィックパターンは、アウトドアにも使える強度を持つキャンバス地に最新のデジタルプリントをされています。

 

↓英字クッションにスター柄、エスニックなテイストをからめてMIXしてカリフォルニアスタイルを引き立てます。

カリフォルニアスタイルのクッション達

 

ダイニングの腰高窓はウッドブラインドでコーディネート。
カリフォルニアスタイルとウッドのブラインドは抜群の相性の良さがあるんですよね~

ダイニングに木製ブラインド

キッチンカウンター下は白の木板調アクセントクロス。
それにリンクするようにお客様がアレンジされたマガジンラックが自然なつながりを感じさせてくれます。
ウッドブラインドはカラーをダイニングテーブルとリンク。ハッキリとメリハリを効かせることで曖昧さのない統一感を感じるダイニングルームのコーディネートとなりました。

 

↓リビングダイニング全体を見るとこんな感じ。

西海岸風インテリア

現在、仮で置かれたリビングのテーブルなど、これからもお好みのインテリアを少しずつ作り込んでいくお客様。
素敵なご夫婦のコーディネートをお手伝いさせていただきありがとうございました。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

厚地もレースもリネンのフラットカーテン

2017年 11月 15日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県小牧市のご新築のお手伝いをご紹介致します。
弟様のお家を以前にお手伝いさせていただいていてカーテンランドのことをご紹介してくださりご来店いただきました。
本当にありがとうございます。
ご採用いただいたのはリネンガーゼが二重になった“ダブルガーゼリネンカーテン”です。

掃出窓リネンカーテンを閉めている

梁やフローリング、家具などふんだんに自然素材が使われたお家には自然素材のリネンカーテンがよく合います。
レールもアイアンレールであえて両端の装飾キャップはシンプルにしています。

 

ドレープ、レースともにリネン100%カーテンで、ヒダ山をつままないフラットカーテンでお仕立て。

フレンチリネンレースカーテン

丈はドレープを床までの寸法に+150mm、レースは+10mmにしています。

 

ルーズなヒダも天然素材のリネンカーテンは様になります。

リネンレースカーテンは床に少しつく長さ

 

このダブルガーゼリネンカーテンは光の入り方も特徴的なんです。

リネンフラットカーテン

 

↓こんな感じで厚地もルーズに寄せるだけにしてみたり
レースも少し開けて外の景色を取り入れたり

厚地もレースもフラットカーテン

伸びたり、縮んだり、しわになったり、天然素材ならではの特性がありますが、やっぱり自然素材の住宅には自然素材のカーテンも素敵ですよね。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

合いそうで合わない。marimekkoのLokki

2017年 11月 10日 金曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市熱田区の新築マンションの施工事例をご紹介致します。
奥様が大好きなmarimekko(マリメッコのファブリ)ックを裏地付きのプレーンシェードスタイルで納めさせていただきました。

マリメッコのロッキ プレーンシェード

この生地のデザイン名はLokki(カモメ)
marimekko(マリメッコ)の代表的なデザイン Unikko を生み出したマイア・イソラの作品です。

 

ランダムなナミナミが続く作品。
一見すると生地を巾継ぎするときに左右で柄合わせができそうなデザインですが
これが実は合わない。合いそうで合わない。そんな自由なデザインが見る人を魅了するのかもしれません。

新築マンション シェード2台割り

カーテンでは多くの場合、生地を継いで作るのですがその巾継ぎ位置はなるべく外側へ外側へとすることが多いです。
でも今回は2台突き合せの中央側の方へ巾継ぎ位置をもってきています。
なぜか?
それはこの後、ご紹介。

 

↓レースもシェードのツインシェード(ダブルシェード)です。

モノトーンのツインシェード

 

↓右から見るとこんな感じ。

シェード2台割りを斜めから見る

上の写真で、あれって思われた方はカーテン通(カーテンランド通)
実は・・・
シェードの右端には奥様のこだわりをもう一つ。。。

 

シェードの右端は、カーテンランドの施工例ブログで奥様に気に入っていただいた“生地ネーム残し”でお仕立てしています。
輸入プリント生地はネームも絵になるんですよね~

プレーンシェード生地ネーム残し

今回は大きな窓で1台のシェードの中でも巾継ぎが入ります。
それが2台並びの状況で、且つ右端にある生地ネームを残す。
一番違和感の少ない巾継ぎ位置を縫製加工所と相談した結果、中央側の方へ巾継ぎ位置を持ってくることにしました。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >