スウェーデンハウス

スウェーデンハウス様の網戸タテヨコ問題解決?

2018年 10月 13日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県犬山市のお客様です。リビングダイニングのレースカーテンを新しくしていただきました。
アイビー柄のグリーンがキレイなレースカーテンでこの生地の魅力もお話したいのですが今日のブログはちょっと違うお話を。
腰高窓は厚地がシングルシェードでレースカーテンは窓枠内に上部筒縫い仕様のカフェカーテンです。
実はこのお客様には前にもカーテンをご購入いただいてましてその時の資料を確認すると網戸が付いているところと付いていないところがあったのです。
その網戸の確認のお話の中で『網戸は1階にあったものを2階にもっていって1階を新しい網戸にしました』と教えていただきました。

スウェーデンハウス様のドアのカーテン

『南側とは違うタイプが東側には付いています。』と仰るので東側の窓はヨコに網戸BOXがあるタイプと判明。
ヨコに網戸BOXがある場合、網戸BOXにテンションポールで上手く突っ張ることが難しく、カフェカーテンをどうしようかといつも悩んでいたのですが、後日奥様から網戸の箱の上に少し隙間があってココに突っ張れそうだけど・・・とご連絡がありました。ドアのレースカーテンの採寸もあるため伺った際に見るとこれがまたピッタリ入るんです。

 

ということで網戸がヨコ式でも同じ生地でカフェカーテンOKになりました。

アイビー柄のカフェカーテン

網戸をタテに開閉するタイプは網戸BOXの下にテンションポールでカフェカーテンを付けますので筒縫い部分が見えることもあります。
網戸をヨコに開閉するタイプは窓枠内上部ギリギリのところにしかテンションポールを通せないのでシェードで筒縫い部分が見えないようになりました。
ただしBOX部分も隠す様に覆うとレースが手前に出てきますのであらかじめご了解が必要です。網戸BOXが見えますが、カフェカーテンをガラス部分だけ隠れるようにすると枠内に納めることも可能です。
新しい発見を教えていただいた奥様に感謝感謝。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

北欧テイストの施工事例

コットンを2色組み合わせしたカーテン

2018年 10月 1日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県清須市のお客様。以前にリビングや寝室のお手伝いをさせていただいていて今回はお嬢様のお部屋のカーテンでご来店いただきました。

お嬢様の目にとまったのは2色のコットンを組み合わせたデザインカーテンでした。
↓グリーンアイボリーの裾にブルーグリーンを少し継いだデザイン。このブルーグリーンのバランスは実際の窓でサンプルを当ててご確認いただいています。

スウェーデンハウスコットンバイカラーカーテン

タッセルも裾と同じカラーでアクセントに。
あえてフラットカーテンで両開きにすることで、1枚のカーテンの中に幅継ぎも入らずお仕立てができました。
幅継ぎのラインが透けることがないためお昼間もキレイに感じられます。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

アクセントクロスのお部屋の施工例

2018年 7月 2日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は北欧住宅のアクセントクロスに合わせてコーディネートされたお客様の施工例をご紹介致します。
グレーのクロスと1面だけダークなストライプのアクセントクロスのお部屋です。
アクセントクロスに合わせて柄も変えてコーディネート。
なぜ柄を変えても統一感を感じるのかというと・・・

アクセントクロスに合わせて柄を変えるカーテン

ポイント一つ目はダークカラーのアクセントクロス側の窓には生地ベースがアイボリーの方を合わせ、グレーのクロス側にはベースが濃い色のデザインを合わせたこと。壁とコントラストをつけることでデザインが映えて見える効果が生まれます。
二つ目はデザインに使われている色がお互いのクロスとトーン(明るさ、鮮やかさ)が近いものであること。
そして三つ目は、同じデザイナーが描いたデザインであること。

 

↓こんなコーディネートが楽しめるのも一人のデザイナーのコレクションがあったり、ひとつのコンセプトを元にコレクションが作られる輸入ファブリックならでは。

スウェーデンハウス アクセントクロス

『アクセントクロスにしたからカーテンは無地にしよう♪』とひとつだけの選択肢に絞り込むのではなく、幅広くカーテン選びを楽しんでくださいね。
そんな方のカーテン選びのお手伝いをさせていただきます。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例