スウェーデンハウス

西海岸風カリフォルニアスタイルのカーテン

2017年 8月 2日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県北名古屋市のご新築のカーテンコーディネートをご紹介です。
まずはリビングスペースをご紹介。星柄をイカット(カスリ柄)で表現したイギリスの刺繍生地とギザギザの山形が繰り返すシェブロン柄でコーディネート。
西海岸風カリフォルニアスタイルにされています。

スウェーデンハウス_リビング

 

ダイニングスペースはフラミンゴカラーでコーディネート。
リビングで使ったカスリ模様に同色系のコーディネート柄となるランダムなジグザグ刺繍生地をアシンメトリー継いで仕立てました。

スウェーデンハウス_ダイニング

 

英字のSURFクッションが西海岸テイストを感じさせてくれます。

スウェーデンハウス_リビングダイニング

 

レースはブルーのサンゴ柄がプリントされたナチュラル感のあるざっくりレースをセレクト。

スウェーデンハウス_レースカーテン

 

キッチン横はカラーコーディネートをしたアルミブラインドでオリジナリティをプラス。
無機質になりがちなアルミブラインドが素敵なインテリアのアクセントになってくれます。

スウェーデンハウス_キッチン

 

勝手口のドアはリネンカーテン。
生地の厚みがある特徴的なこのリネンは耳の赤色がさりげなく見えるのもポイントです。
天然素材のリネンカーテンも西海岸スタイルに相性抜群です。

スウェーデンハウス_キッチンドア

 

最後にお昼間のLDKをパチリ!

スウェーデンハウス_カーテン

おしゃれなコーディネートのお手伝いをさせていただきありがとうございました。

 

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

北欧プリントカーテンのコーディネート

2017年 4月 16日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県額田郡幸田町で北欧スウェーデンハウスさんの2世帯住宅をご新築されたお客さまです。
まずはご両親のリビング。
色とりどりの北欧の草木花が描かれた北欧プリントカーテン。LDを明るく鮮やかなナチュラルインテリアにコーディネート。

スウェーデンハウス花柄カーテン

 

続いてキッチン。
多色プリントが可能になったデジタルプリントのロールスクリーンでコーディネート。
とても美しいこの花柄のロールスクリーンはデジタルプリントならでは。
精密な色表現やデザイン、美しいグラデーションなど、プリントファブリックも進化をしています。

キッチン花柄ロールスクリーン

 

ドアには上下パイプ通しの目隠しカーテン。木製建具にビスで固定したスタイルです。

勝手口カーテン

 

お次は寝室。
スウェーデンハウスさん特有のドアと腰高窓が並んだ配置の窓にリネンカーテンとモリスデザインを並べてアシンメトリーにコーデ。
無地と柄、カーテンとシェードとスタイルも左右非対称の進化形コーディネートです。

スウェーデンハウス寝室

 

出入りのあるドアと腰高窓なので機能性もポイントのコーディネートとなっています。

スウェーデンハウスウィリアムモリスカーテン

北欧住宅に英国モリスデザインもなかなかステキでしょ?

 

2階へと上がるとホールにはミッドセンチュリーに活躍したデザイナー『オーレ・エクセル』デザインのファブリックをセレクト。
鉢植えが並んだデザインはコミカルな楽しさとちょっとだけ毒っ気が効いた北欧デザインです。

スウェーデンハウスシェード

 

リビングダイニングには海の中の世界をデザインした様な北欧ブランドのファブリックをカーテンスタイル、シェードスタイルでご採用いただいています。
カーテンとシェードは並んで見える窓位置のため柄の高さ(柄位置)を同じ高さに感じられるように工夫をしてお仕立てしています。

スウェーデンハウスリビングカーテン

 

北欧住宅には北欧カーテンが良く合います。
色彩豊かなプリントファブリックの陽が通った時の美しさも格別。

スウェーデンハウスダイニング

 

↓リビングへとつながる壁紙にも注目。
珊瑚や海をイメージしたファブリックのリビングカーテンへつながりを感じさせてくれます。

スウェーデンハウスリビング

 

最後はピアノ室。
1巾完結の北欧デザインをプレーンシェードでコーディネート。北欧ナチュラルなインテリアに仕上がっています。

スウェーデンハウスピアノ室カーテン

 

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

柄と無地のバイカラーオーダーカーテン

2016年 6月 1日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市緑区のご新築のお手伝いです。
初めてご来店いただいたのは昨年の11月。
ご新築の内装の打ち合わせがスタートされた頃でした。ご主人様も奥様もこだわりやさんのインテリア好きご夫婦です。
リビングルームはダイニングからのつながりとなるブルーを使って
無地と柄を組み合わせした
“柄無地 バイカラーカーテン”でコーディネート。

リビング閉

カーテンの裾部分の無地も100mmにするのか150mmにするのか・・・
バランスをご検討いただきながら仕上げに入っています。

 

切り返し部分はタッセルと重ならないくらいの位置を想定して胴継ぎをしています。
柄のサイズ、柄の出し位置の細かなご相談にもお時間をいただけるお客様に感謝。

カーテン切り返し部分

 

シェードも当然柄の出し位置を相談しています。
ボーダー柄の場合、どの色が多く出てくるのかでも印象が変わりやすいです。
お時間(納期)も十分にいただいていましたので、入荷した生地のリピートを確認後お客様とは柄位置相談と調整をしています。

リビング閉斜めから

 

レースもシェードのツインシェード(ダブルシェード)です。

リビング開

 

一日の始まり、寝室からリビングへと向かうときに見える光景。陽をほんのり通すオリジナルのバイカラーカーテンもなかなか素敵でしょ?

リビング階段から

 

2階ファミリースペースです。
カーテンランドがお手伝いさせていただいたのは写真右の2つの小窓。
アクセントクロス側にある無地のシェードと奥様お気に入りの街並みデザインのコーディネート。

ファミリースペース全体

ボトムには正面の無地と同じ生地を継いで閉めても開けているときも常に裾の無地ボーダーがアクセントとなるようにしています。

 

お子様のお部屋はマリン柄でコーディネート。
ストライプ&ブルーのアクセントクロスとの相性も抜群です。

子供室

 

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >