ウィリアム・モリス

モリス!morris!!MORRIS!!!

2018年 6月 12日 火曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市西区のお客様。
リビングから玄関ホールまで、全てモリスデザインでコーディネートされています。
これはもう語るより見てもらう方がいい!!
モリスデザインの世界観をたっぷりとご堪能ください。

いちご泥棒ジャガードカーテン

コの字型になった掃出窓にモリスの傑作『いちご泥棒』をご採用。
手前に掛かるのは、アイアンレールにインディゴブルーのいちご泥棒。

 

プリントと見まごうばかりの鮮やかさは高密度のジャガードならでは。
この重厚感と高級感もたまりません。

いちご泥棒インディゴブルー

 

↓合わせるレースもいちご泥棒。文句なしの相性と上質感です。

いちご泥棒刺繍レースカーテン

 

モリスカーテンは装飾房タッセルも相性抜群。

コの字型出窓のカーテン

 

続いて玄関ホール。
小窓をプレーンシェードでコーディネート。

モリス フォレスト プレーンシェード

1887年にデザインされた「The Forest Tapestry」をもとに現在のモリスデザインスタジオのデザイナーが生み出した『FOREST』
絵になります。

 

↓窓サイズや窓周りの環境などからシェードの仕上がりサイズを考えますが、このような絵になるデザインは柄位置で印象もガラッと変わってしまいます。
今回もベストなシェードの仕上がりになりました。

morris_Forest

なにも考えずにサイズだけ・・・は専門店では問題外ですが
どこまでこだわるか、どこまで細かく縫製加工所との打ち合わせができるかで仕上がりはグッと変わってくるといつも思っています。
こだわりやさんのお手伝い、ぜひカーテンランドでさせてくださいね。

それではまた。

★只今、モリスフェア開催中です★
ぜひ、この機会にご来店下さい。
詳しくは↓こちらをクリック。

モリスイベント2017

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

モリス ウィローボウのカーテンコーディネート

2018年 5月 22日 火曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は英国、ウィリアムモリスのデザイン『ウィローボウ』のカーテンを納めさせていただいたお客様。ウォールナット色の家具やフローリングの落ち着いた印象にジャガード織りのウィローボウがマッチしています。

ウィリアムモリス ウィローボウのカーテン

モリスをご存じでない方にちょとだけご説明を。
近代デザイン史上に大きな影響を与えたと言われるウィリアムモリスは一世紀以上を経た今日でも新鮮さを失わず、世界中で愛され続けているブランドデザイン。壁紙やタペストリー、ラグ、刺繍ファブリックなどのデザインがあり、現代ではプリントカーテンやジャガードカーテン、刺繍カーテンなどでインテリアコーディネート楽しむことができます。
ウィローボウも1887年にデザインされた壁紙デザイン。
モリスが語ったと言われる
『思わず柄のリピートを追ってみたくなるデザイン』というものを感じられるデザインのひとつと言えます。

 

そんな考えぬかれた高いデザイン性は、しっかりとした密度の高い織物だからこその表現。
ジャガードカーテンで作られたモリスのウィローボウは遮光カーテンではありませんが、片側だけを開けると、日差しを遮るくらいの高密度の織りのしっかり具合がよく分かります。

ウィローボウ グリーン カーテン

 

↓レースカーテンも合わせてウィローボウの編みレースをセレクト。
様々なモリスデザインの厚地カーテンと合わせる事ができるウィローボウのレースカーテンですが
当然厚地のウィローボウと合わせても素敵なんです。

ウィローボウのレースカーテン

★只今、モリスフェア開催中です★
ぜひ、この機会にご来店下さい。
詳しくは↓こちらをクリック。

モリスイベント2017

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

カーテンの前に掛ける絵画のようなモリスフルーツ

2018年 4月 22日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県春日井市のお客様。うれしいうれしい再来店再購入のお客様です。
リビングの大きな掃出窓が時間帯によって対面するテレビが光ってしまい見えにくいということでご相談をいただきました。
お客様の方でスダレをカーテンレールに引っかけて対応をされていたのですが
スダレだと開閉時にカーテンとの引っかかりが大きく悩んでいらっしゃいました。
そこでお客様の案としてスダレと同じようなサイズでカーテン生地のタペストリーを作って掛けられないかというご依頼をもらいました。

↓そこでウィリアムモリスの『フルーツ』をハトメ仕様のパネルカーテンにしてお納めました。

ウィリアムモリス フルーツ パネル

ポイントは3つ
1:カーテンレールの上からは下地の関係上取付けができないため、レールに取付けができるタイプでなければならないこと。
2:カーテンの開閉ができなければならないこと
3:取付けするところをある程度、移動したり調整したりできるようにすること

このポイントのうち2点(1と3)はS字フックでスダレを掛けている状況で問題無くクリアされていたので基本的な仕様はそのままにしました。
生地で上下にバーを入れるパネルカーテンになることでカーテンとの引っかかりは少なくなっています。
隠れたポイントしてはバーにフックが付いたタペストリーにせず、ハトメにしてフックを通した点です。スダレのような引っかかりはありませんがカーテンを横から閉めたり、開けたりするため手前に掛けられたパネルも多少左右に動きます。
そのためタペストリーでは小さいフックをS字フックに横から掛けることになり不安定になるのです。
ハトメに通すことで横方向の揺れにも対応しています。

お客様のアイデアで生まれたカーテンの前に絵を飾るようなスタイル。
とっても貴重な良い勉強をさせていただきました。
ありがとうございました。

それではまた

≪GW休業日のご案内≫
2018年のGW休業日は
5月3日(木)のみとなります。
4月28日から5月2日、5月4日以降も通常営業しております。
皆様のご来店をお待ちしております。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >