ウィリアム・モリス

シンプルでやさしいウィリアム・モリスのカーテン「プリムローズ&コロンバイン」

2019年 5月 29日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

イギリスのデザイナーウィリアム・モリスは自身が愛した自然を様々な技術を駆使して、時代に縛られない魅力をたたえた美しいデザインを残してくれています。

カーテンランドでは、もうなくてはならないブランドアイテムのひとつとなっています。

「Primrose&Columbine」WILLIAM MORRIS

今回ご紹介するデザインは

「Primrose&Columbine(プリムローズ&コロンバイン)」

ウィリアムモリスのプリムローズ&コロンバイン
店内ディスプレイの「Primrose&Columbine」

モチーフとなっているのは、サクラソウとオダマキ。

ウィリアム・モリスの「プリムローズ&コロンバイン」
サクラソウ&オダマキがモチーフ

どちらも馴染みのある草花です。

豪華さはありませんが、楚々としたやさしさに心引かれます。

1865年頃モリスは、初期の壁紙で使用したこのサクラソウとオダマキのモチーフをタイルで表現しました。

デザインも複雑に絡み合う構図ではなく、シンプルな描写で2つの花のようすがしっかり描かれています。

素朴な花たちの佇まいはモリスをも魅了したようです。

輸入住宅にカフェカーテンスタイルで

コットン・リネン混。お色は4色。グレー・ブルーの他にレッドとライトグリーンがあります。

カーテンランドでは、ウィリアム・モリスのサンプルはすべてご覧いただけます。

ぜひ、ご来店下さい。

 

カーテンランドのInstagram        

                     @curtainland_aichi

   店内の取り扱いアイテムについては  @curtainland_shop

 

–ウィリアム・モリス–かわいいバラの実のデザイン「ローズヒップ」

2019年 5月 8日 水曜日
モリスの「ローズヒップ」
インディゴカラーの「ローズヒップ」&「ブランブル」

少し日差しがお昼間は強くなってきましたが、過ごしやすくて、
爽やかな季節、鮮やかな自然を感じられる今日この頃です。

今日は、ウィリアムモリスの中から、かわいらしいデザインをご紹介したいと思いま す。

ローズヒップ(Rosehip)

辺りではほんもののバラが美しくさいていますが、こちらは「バラの実」のデザインです。

タイルのデザインがモチーフで、単色モノクロで、オリジナルのハンドブロックプリントのイメージが忠実に再現されています。

カフェ風アンティークなLDにモリスの「ローズヒップ」
アンティークなカフェ風インテリアに「ローズヒップ」
アンティークナチュラルなインテリアにモリスの「ローズヒップ」とコットンカフェカーテン
自然素材のコットンカフェカーテンとコーディネート

素材はヴィスコース、リネンで、なめらかな上質感のある生地です。色合いもヴィンテージ風でいつの時代にも色褪せない良さがあります。

優しいデザインと自然素材を用いた生地なので、当時からの受け継がれてきた重厚なものよりも 肩の力を抜いた、カジュアルな雰囲気のインテリアにもあわせていただけるテキスタイルになっています。

ウィリアム・モリス「ローズヒップ」接写
ウィリアム・モリス「ローズヒップ」の接写

6色の多色展開となっていますので、色々イメージして頂けるアイテムです 。

是非ともお店で手にとってご覧下さいね。

カーテンランドのInstagram        

                     @curtainland_aichi

   店内の取り扱いアイテムについては  @curtainland_shop

アンティークと調光ロールスクリーンFUGAのコーディネート

2019年 4月 17日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市のご新築のお客様。ご主人様も奥様も調光ロールスクリーン FUGAを一目見て『これ!』となったそうで、そんなFUGAを使ったインテリアコーディネートをご紹介いたします。

ご紹介するのは書斎兼フリースペースのコーディネートです。
吹き抜け部分も面しており開放感抜群なんです。ここは奥様のアトリエへとつながる空間でアトリエとの間仕切りにアンティークのガラス戸を入れられています。

アンティークなガラス戸と市松柄のFUGA

随所にスクエアデザインが使われていて、小窓には調光ロールスクリーン FUGAの市松デザイン ブラックをご採用いただきました。
FUGAはモダンからレトロ、ちょっと和の趣のある空間まで幅広く合わせることができます。

吹き抜け側に目を向けると・・・
縦長窓には、モリスデザインの『FOREST』をプレーンシェードにしてタペストリーのようにコーディネート。アトリエとつながるアンティークのガラス戸と1800年代に制作されたモリスのタペストリーデザインから生まれたアンティークなモリスデザインのファブリックがコラボレートしています。

アンティークなガラス戸とモリスカーテン

そこの間に位置する吹き抜け窓にもFUGA。
ふたつのアンティークを引き立たせるこの控えめながらも絶妙なバランスは市松柄という伝統的なデザインのFUGAならではです。

お客様のこだわりが詰ったインテリアいかがでしたか。FUGA、モリスが気になった方はぜひカーテンランドへご来店下さい。

それではまた。

≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例