北欧カーテン

幾何学模様の北欧デザインをダイニングスペースに

2019年 6月 19日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

伝統ある北欧ブランドを気に入って頂き、ダイニングスペースの掃き出し窓に セレクトいただきました。 グレーを基調とした半円、四角、三角の幾何学模様がユニークなデザインです。

ダイニングの掃き出し窓に北欧カーテン

このデザイン、90年以上前に発表されたものなのですが、現在でもその斬新さは色褪せていません。お部屋のインテリア、ダイニングテーブルの色調にもピッタリです。

レースカーテンも幾何学模様で、パッチワークのような半円のデザインでちょうど誂えたようにピッタリのデザイン。

ダイニング 北欧カーテン開

無垢のフローリングやブラウンのアクセントクロスとも、よくあって 、北欧インテリアのナチュラルな感じをを押さえつつ、

幾何学模様のモダンで楽しいアーティスティックなフォーカルポイントをお部屋に素敵に取り入れられていました。

レースカーテン接写
北欧カーテン接写
元気なマルチカラーも色違いであります。

マリメッコ、リンドベリ、ヨブス、アルメダール、ボラスetc.様々な北欧カーテンをカーテンランドでは取扱っています。他にも北欧インテリアに合うファブリックをカーテンランドではご紹介しています。お探しの方、気になる方はぜひご相談下さい。

では、また。

営業時間の変更のお知らせ

2019年6月24日より営業時間が11:00~18:00に変わります。宜しくお願い致します。(定休日は祭日以外の木曜日で変わりありません)

カーテンランドのInstagram        

                     @curtainland_aichi

   店内の取り扱いアイテムについては  @curtainland_shop

かわいい花束マリメッコ(marimekko)の「プケッティ(Puketti)」

2019年 6月 11日 火曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

marimekko(マリメッコ)のPuketti(プケッティ)というデザイン。

マリメッコベージュのマリメッコ

ちっちゃな花が集まったデザインはやさしいポップな北欧ナチュラルなイメージ。小さな花がいくつも集まってできたブーケ。 プケッティの意味はブーケだそう。

marimekkoには大胆かつ個性的なデザインが多くの人の心を捕らえて止みませんが、

このプケッティは整然としたお花柄で、親しみやすく、どんなお部屋にも取り入れやすいデザインです。

1965年にAnnika Rimalaによってデザインされたのですが、復刻されているように、根強い人気のデザインです。

お色は3色。ベージュの他にブルーとブラックがあります。

マリメッコ プケッティブルー
マリメッコ プケッティ ブラック

マリメッコのかわいいお花のブーケをお部屋のインテリアにいかがですか?

マリメッコ プケッティ ベージュ
カーテンランド施工例
マリメッコ プケッティ ベージュ施工例
カーテンランド施工例:綿裏地付ネームタグもそのまま使って

marimekkoのカーテンをお探しなら、ぜひカーテンランドへ お越しください。

カーテンランドのマリメッコのコーナー
カーテンランド店内:マリメッコのコーナー

いつの間にか咲いていた紫陽花の花を見つけて、ふとプケッティを思い、ご紹介させていただきました。

アジサイの花

では、また。

営業時間の変更のお知らせ

2019年6月24日より営業時間が11:00~18:00に変わります。宜しくお願い致します。(休業日は祭日以外の木曜日で変わりありません)

 

カーテンランドのInstagram        

                     @curtainland_aichi

   店内の取り扱いアイテムについては  @curtainland_shop

 

アクセントクロスがブルーの寝室をツインシェードコーディネート

2019年 6月 7日 金曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日ご紹介するのは、愛知県一宮市のご新築のお客様。窓のない壁面側をブルーのアクセントクロスにされた寝室のコーディネートをご紹介致します。
マリメッコも大好きな北欧好きなお客様。気になったマリメッコのデザインでは、二つの窓のデザインを合わせるとどうしても窓周りが強くなりすぎるかも・・・ということでイギリスブランドの中からポップな北欧調デザインをツインシェードでご採用いただきました。

ツインシェードの寝室施工事例

ツインシェードは、厚地もレースもシェードというスタイルです。厚地もレースもパタパタとたたみ上げたり、降ろす(閉める)とフラットな表情になりカーテンよりもスッキリとした印象。デザイン性の高いファブリックの柄を見せるときにもシェードは最適なんです。

↓グレーのベースにイエローグリーンやホワイト、そしてブラックがかなりいいアクセントになったデザイン。ブラックが適度に引き締め効果を生み、可愛らしすぎない絶妙なバランスの北欧コーディネートを実現しています。

ブルー系のアクセントクロスにグレーを合わせる

↑少し温かみを感じる織物調アクセントクロスのブルーともなかなかイイ感じでしょ?

機能として遮光性もご希望でしたので、ツインシェードの厚地には遮光裏地をつけてお仕立てをしています。
↓遮光裏地付きのシェードを閉めるとこんな感じ。お昼間でもプリントのデザインや色がハッキリとわかるくらい陽を抑えてくれているのがわかっていただけると思います。

遮光裏地付きプレーンシェードの施工事例

↑遮光裏地付きのメリットは、朝日や昼間の明るさをおさえてくれることと、裏地付きにすることで生まれる空気層が保温力をアップさせてくれます。又、紫外線による生地の変色、退色を和らげる保護にもつながります。

マリメッコも、マリメッコ以外の北欧調ファブリックも、裏地無しも、遮光裏地付きも、プレーンシェードも、ツインシェードもご相談承りますので、北欧好きな方はぜひ一度カーテンランドへご相談下さいね。
それではまた。

≪その他の北欧カーテン例はこちら≫

北欧テイストの施工事例