北欧カーテン
   ~ 北欧テイストのカーテンコーディネートをご紹介 ~

北欧マリメッコのカーテン

≪marimekko(マリメッコ)≫
ファッションからインテリア雑貨など他に無い大胆なデザインや色使いも特徴的なライフスタイルブランド『マリメッコ』のカーテン生地を使った施工事例をご紹介しています。

 

 

 

北欧カーテン

北欧スティグ・リンドベリのファブリックで寝室コーデ

2018年 6月 6日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は知多郡東浦町の北欧住宅のお客様の施工事例です。
まずは1階の和室と寝室からご紹介致します。
北欧住宅で“和”の要素はあまり強くならないように、市松柄がアクセントになった調光型のロールスクリーンでコーディネートされています。
↓こちらはご主人様も一目惚れのデザインです。

和室に調光ロールスクリーンFUGA

↑全閉状態。
全閉時も市松柄のデザインが分かるのでこれがまたオシャレなんです。

 

↓調光操作をした状態。

FUGA(フーガ)を和室に取付け

この調光ロールスクリーンは和室だけでなくモダン系インテリア全般にコーディネートしやすい商品となっています。
北欧系やシンプルナチュラル系など幅広く対応ができますので気になった方はぜひお問い合わせ下さいね。

 

続いて寝室。
一面をブルーのアクセントクロスにされたお部屋の窓に当店イチ押し北欧デザイン、スティグ・リンドベリデザインのファブリックをツインシェード(ダブルシェード)でご採用いただきました。

ネイビーのアクセントクロスの寝室

丸が並んだデザインはリンドベリの名作デザイン『ADAM』と『EVA』を彷彿させる幾何学デザインですがさりげなく小さな葉っぱがついた可愛らしさもある作品です。
このちょっとした遊び心もリンドベリデザインの魅力となっています。

 

この作品は濃い色がブラックとダークブラウンの2色あります。
ご採用いただいたのはダークブラウンカラー。写真ではブラックに見えるかもしれませんがこの絶妙なブラウンもカッコいいんです。

リンドベリ タリホーブラウン色

海外から取り寄せをしたときに最初ブラックが届いてしまったという笑い話のようなことが起こるくらい絶妙な違いなんですけど、それがまた実物を見るとブラウンにはブラウンの良さがあって、やっぱり良いんです。
このリンドベリの魅力にどっぷりハマってしまうお客様続出中なので皆さんもぜひカーテンランドへ見に来て下さいね。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

スナフキンハットとマリメッコカーテン

2018年 5月 19日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は北欧テイストのコーディネートを徹底されたお客様の施工事例をご紹介。掃出窓と腰高窓が並ぶLDを北欧マリメッコのカーテンでコーディネートしています。
↓掃出窓はカーテン、腰高窓はプレーンシェードの組み合わせです。

マリメッコカーテンのコーディネート

 

↓スプーンとフォークのペンダントライト。
そしてプレーンシェードの前のカウンターには、なんとムーミンの人気キャラクターのスナフキンのハットをモチーフにしたペンダント。
お客様の照明も含めた、北欧こだわりコーディネート。素敵でしょ~

Kompotti施工写真

プレーンシェードの両端は、グリーンのスナフキンハットの反対色でコーディネート。こちらも良いアクセントになっています。

 

奥の洋室はこんな感じ。こちらも北欧テイストでコーディネート。
トーンを抑えた色調のポップデザインがちょっとレトロな雰囲気を感じさせてくれるプリントファブリックを2柄シェードでご採用いただきました。

グリーンのアクセントクロスのコーディネート

 

グリーンのアクセントクロス側はウッドブラインド。
床に合わせてウォールナット色をチョイス。北欧系インテリアにウッドブラインドは相性抜群です。

グリーンの壁に木製ブラインド

 

↓ドアはロールスクリーンのシンプルな無地を壁色に合わせて控えめに。
柄と無地を程良いバランスで取り入れることで全て異なる柄やスタイルでコーディネートしてもまとまりあるコーディネートが実現できます。

傾斜天井のインテリア

今回のお客様は同じ生地で同じスタイルが2つ無い、全て異なるコーディネートを実現。
窓のサイズや窓周りの環境に合わせたり、デザイナーを合わせることで統一感あるコーディネートも可能なんです。
ぜひ気になった方はぜひカーテンランドへご来店下さいね~。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

間仕切りカーテン リバーシブルボトムライン

2018年 4月 10日 火曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県岩倉市のご新築のお手伝いをご紹介します。
玄関入ってすぐのファミリークローゼットの開口をあえてドアではなくファブリックで間仕切りたいとかねてから希望していた奥様。
ご新居でのカーテンサンプル試着時に
候補の2枚のカーテンを重ねて持って見てもらったところ裾からチラっと見えたグリーンの無地。
即座に奥様が『この見えてるのがいい!!』と仰いました。

裾見せリバーシブルカーテン

↑そんなお打合せから生まれたこのカーテン。
裾に無地を継いでいるものとは違う、あえて2枚が重なっている感じ、これがなかなか素敵なんです。

 

↓裾から見えているグリーンはこんな感じになっています。
中からもプリントカーテンの裏側ではなくしっかりとしたカーテンのようにしたいということで、グリーンの無地カーテンとのリバーシブルになっているんです。

柄と無地を合わせたリバーシブルカーテン

なので
表側(柄のカーテン)から見たときに裾から見えていたのは反対側のグリーンの裾ということ。
単純にリバーシブルにするだけでなくあえて柄のカーテンの裾から無地を見せるようにした“リバーシブル ボトムライン”(←勝手に命名)となっています。

 

ファミリークローゼットの中から見るとこんな感じ。
カーテンレールも上の方へ取付けをしていただいているおかげで
どちらからもカーテンの上部フックが見えないようにできています。

クローゼット側はグリーンの無地カーテン

このようにできたのも、お客様がカーテンレール取付前に、というよりは建築前にご相談をいただけたおかげ。
そもそも下地がしっかりと入っていなければカーテンレールも上の方に取付けできないので、奥様のファインプレーです。

 

↓こちらのファブリックパネルも奥様が作られたそうです。
北欧全開玄関ホールの完成です♪

リバーシブルカーテンボトムライン

ファブリックの優しくてやわらかな表情で見せたいと考えられた玄関ホール。
奥様のこだわりポイントをお手伝いさせていただき本当に感謝感謝です。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >