北欧カーテン
   ~ 北欧テイストのカーテンコーディネートをご紹介 ~

北欧マリメッコのカーテン

≪marimekko(マリメッコ)≫
ファッションからインテリア雑貨など他に無い大胆なデザインや色使いも特徴的なライフスタイルブランド『マリメッコ』のカーテン生地を使った施工事例をご紹介しています。

 

 

 

北欧カーテン

スウェーデンハウス様の網戸タテヨコ問題解決?

2018年 10月 13日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県犬山市のお客様です。リビングダイニングのレースカーテンを新しくしていただきました。
アイビー柄のグリーンがキレイなレースカーテンでこの生地の魅力もお話したいのですが今日のブログはちょっと違うお話を。
腰高窓は厚地がシングルシェードでレースカーテンは窓枠内に上部筒縫い仕様のカフェカーテンです。
実はこのお客様には前にもカーテンをご購入いただいてましてその時の資料を確認すると網戸が付いているところと付いていないところがあったのです。
その網戸の確認のお話の中で『網戸は1階にあったものを2階にもっていって1階を新しい網戸にしました』と教えていただきました。

スウェーデンハウス様のドアのカーテン

『南側とは違うタイプが東側には付いています。』と仰るので東側の窓はヨコに網戸BOXがあるタイプと判明。
ヨコに網戸BOXがある場合、網戸BOXにテンションポールで上手く突っ張ることが難しく、カフェカーテンをどうしようかといつも悩んでいたのですが、後日奥様から網戸の箱の上に少し隙間があってココに突っ張れそうだけど・・・とご連絡がありました。ドアのレースカーテンの採寸もあるため伺った際に見るとこれがまたピッタリ入るんです。

 

ということで網戸がヨコ式でも同じ生地でカフェカーテンOKになりました。

アイビー柄のカフェカーテン

網戸をタテに開閉するタイプは網戸BOXの下にテンションポールでカフェカーテンを付けますので筒縫い部分が見えることもあります。
網戸をヨコに開閉するタイプは窓枠内上部ギリギリのところにしかテンションポールを通せないのでシェードで筒縫い部分が見えないようになりました。
ただしBOX部分も隠す様に覆うとレースが手前に出てきますのであらかじめご了解が必要です。網戸BOXが見えますが、カフェカーテンをガラス部分だけ隠れるようにすると枠内に納めることも可能です。
新しい発見を教えていただいた奥様に感謝感謝。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

北欧テイストの施工事例

寝室をブルーの北欧カーテンでコーディネート

2018年 10月 3日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日ご紹介するのは寝室をブルーの北欧カーテンでコーディネートしたお客様の施工事例です。ブルーグレーのアクセントクロス側にはスリット窓が並びで2窓。南面に大きな掃出窓となります。

北欧ブルーカーテン

スリット窓に、北欧モダンデザインの巨匠 カール・ヨハン・ハーン デザインのファブリックをプレーンシェードにしています。
ブルーのナミが複雑に折り重なるデザインは思わず目で追ってしまいたくなる魅力的な作品です。

 

掃出窓は天井面からカーテンで
手前をブルーの北欧プリントカーテンでレースonスタイルにしています。
昼間も夜も、常にお気に入りの北欧カーテンを楽しむことができる安眠色ブルーカーテンの寝室コーディネートです。

寝室をブルーの北欧カーテンでコーディネート

カーテンランドの施工事例ブログをよくご覧いただいている方はもうお気付きかもしれませんが、実は掃出窓のレースカーテンは左右で生地の使い方を変えているんです。
広幅生地のこのブルーの北欧レースカーテンは通常の横方向の生地取りも縦方向でも窓サイズによっては作れちゃうんです。

 

少し贅沢な生地の使い方に感じられるかもしれませんがタテとヨコでMIXすることでひとつの大きなデザインのようになるんです。
↓こんな左右非対称 アシンメトリーでポイントアップのカーテンコーディネートも素敵でしょ?

北欧モダンなブルーのレースカーテン

北欧デザインでまとめ、ブルーをキーカラーでトーンを合わせたコーディネートをすることで異なるデザインでもマッチした寝室のカーテンコーディネートになっています。
北欧カーテンが好きで少しだけオリジナリティあるコーディネートをされたい方はぜひカーテンランドへご来店下さい。お待ちしております。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

北欧テイストの施工事例

グリーンのソファにライトブルーの北欧カーテン

2018年 9月 26日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県半田市のマンションのお客様です。リビングルームの大きな窓にライトブルーの北欧カーテンをセレクト。この北欧カーテンには実はヒミツがあるんです。
プリントカーテンは表から見える色数=版数が一般的。ですがこの生地はあえて意図的に版を重ね、生まれる色をデザインにしています。この方法は色の再現性が大変難しいし、見た目の色が変わるなんてことは頻繁に起こります。でもこの偶然性から生まれる色がこれまた美しいんです。
自然の草木花に同じ色や形がないように、揃わない自然さがたまらなく魅力的なカーテン。
↓どうです?素敵でしょ~

グリーンのソファと北欧カーテン

重版で作ることで生まれるこの美しいグラデーションがこのライトブルーの北欧カーテン、最大の魅力なんです。

 

↓TVボードに飾られていたお馬さんとライトブルーの北欧カーテンを一緒にパチリ!
このお馬さんは、異なる木の種類で造られていて、色も木目もさまざま。無垢材で作られているので経年変化で色も変わって味わい深くなっていくことと思います。

ライトブルーの北欧カーテン

変わること、まったく同じものにならない自然さを楽しむお客様のインテリアコーディネート。そんな素敵なお手伝いをさせていただけることに感謝感謝。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

北欧テイストの施工事例