ロールスクリーンと縦型ブラインド(ニチベイ)のnewタイプのご紹介

2020年 6月 19日 金曜日
Pocket

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

お部屋をシンプルにスッキリコーディネートしたいときに、ロールスクリーンやブラインドをお考えの方も多くいらっしゃいます。

先日、ロールスクリーンと縦型ブラインドのカタログがリニューアルされたので少しご紹介します。

今までよりも大開口の窓際のサイズまで作ることが可能になったロールスクリーンがこちらです。「プロチェーン式」のロールスクリーンです。

「プロチェーン式」を採用することで、普通のチェーン式より大きい最大幅3000mmまで製作が可能になりました。

「プロチェーン式」は、50mmの大型ホイールユニット搭載と太くて握りやすいボールチェーンにより、大型サイズでも軽くて安心の操作性がポイントなんです。

こちらも新しいタイプのロールスクリーンです。

今までは2台連窓で取り付けていた所を、上部メカ部分が一体になったもので、「セパレートタイプ」というロールスクリーンです。

上の写真のように、生地間の隙間が38%低減され、光漏れや気になる視線が少なくなったのと、2台取り付けるよりも価格がお値打ちになります。

部品のカラーもブラックが加わり、よりお客様のセレクトの幅も広がりました。

スッキリシンプルモダンなイメージでは、縦型ブラインドも素敵なアイテムです。

今回画期的な新製品で、バックレーススタイルというタイプが発売されました。

厚地とレースの羽根(ルーバー)、この組合せのタイプは、「センターレーススタイル」というのがありましたが、

こちらの「バックレーススタイル」は、取付時の奥行のサイズが少し大きくなりますが、ブラインドを開けた時の羽根のタタミ代が、厚地とレースの羽根がくの字で畳まれていくことで、「センターレースタイプ」より少しですみます。

実際の動きを見て頂くとわかるのですが、今までとは違った動きをするので、ビックリです。

それぞれこういったメカ物には、製作時の条件が色々ありますが、

IoTに対応した電動タイプなどなど、美しさや機能性がどんどん時代に沿って変わって、新しいタイプがでできています。

いろいろ進化していっていますので、ロールスクリーンやブラインドをお考えの方は、どんなのがあるか一度チェックしてみて下さいね。

カーテンランドのInstagram        

                     @curtainland_aichi

   店内の取り扱いアイテムについては  @curtainland_shop

 

Pocket

Comments are closed.