モダンテイストのおすすめ施工事例をご紹介しています。

カテゴリー【モダン】全147例

http://www.curtainland.jp/blog/archives/category/modan

モダンカーテン

アッシュカラーインテリアのカーテン

2018年 5月 12日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県清須市のお客様のお手伝いをご紹介。
床はグレーとホワイトの経年変化を出した木調フローリング。全体的には寒色系の印象です。そんなリビングの掃出窓にグレーベージュのエスニック柄カーテンをセレクトしていただきました。
↓日差しが入って厚地の柄がよく分かります。こんな見え方も結構カッコいいんですよね。

アッシュカラーのフローリングにエスニック柄カーテン

色鮮やかな民族デザインが多い印象のエスニック柄ですが単色モノトーンだとモダンなコーディネートにも合わせやすくなります。
気になった方はぜひカーテンランドへご来店下さい。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

ヒダの陰影が美しい無地調ドレープカーテン

2018年 5月 4日 金曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県北名古屋市のお客様の施工事例をご紹介します。
リビングには掃出窓と横長窓そしてダイニング側に腰高窓の3窓。
奥様がカーテンについていろいろと検索をされたときに当店の施工事例ブログの中から窓のサイズや配置がそっくりのお家があり、気になってご来店いただきました。

↓リビングの掃出窓は奥様一目惚れ、ソファの張り地に近いお色目のドレープカーテンです。

ダークグレーのプレーンカーテン

1ツ山でスッキリとした見た目にし、ヒダ山を取る間隔を狭くすることでシャープな印象にまとめています。
この生地の特性のひとつが、ヒダ山から裾までのライン。
適度なハリと生地のしなやかさがあるからこそ、この美しい陰影が出てくれます。

 

細かいヘリンボーンの織りと起毛した表面が特徴的な無地調ドレープカーテン。
↓このウールっぽいテクスチャー、おすすめです。これがホントにカッコいいんです。

起毛したヘリンボーン生地カーテン

 

 

ダイニングはマスタードイエローのコットン刺繍カーテンを1枚掛け。
カーテンランドで現在大人気の英国ブランド ヴィラノヴァのサークル柄刺繍が並んだレトロなデザインカーテン。
ナチュラルやシンプルなインテリアの程良いアクセントになってくれます。

マスタードカラーのナチュラル刺繍カーテン

カーテンはあえて両開きにせず、一枚でお仕立てし、奥様がマグネットでスタイリングを楽しまれる仕様にもなっています。

それではまた。

≪GW休業日のご案内≫
2018年のGW休業日は
5月3日(木)のみとなります。
4月28日から5月2日、5月4日以降も通常営業しております。
皆様のご来店をお待ちしております。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

しっかりと下地をいれていただいたからこそ

2018年 1月 30日 火曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市天白区のご新築のお手伝いをご紹介致します。
1階に居室、2階リビングのモダンなお家でロールスクリーンやシェードなどいわゆるメカもの系のコーディネートが主体です。
2階のLDKにはコの字型に囲われたバルコニーがあり、スッキリとロールスクリーンを窓枠内に取付。
スモーキーなグレーカラーで優しい穏やかさのあるシンプルナチュラルな印象です。

2階リビング ロールスクリーンのみ

 

横長窓と小窓には、ポルトガルのブランド『aldeco』のファブリックをご採用いただきました。
ランダムに濃いグレーの糸が見え隠れするヘリンボーン柄のモダンなファブリックをプレーンシェードにしています。

ALDECO Surprisingのプレーンシェード

何気ない柄でもオシャレでカッコいい、そんな生地が多いのもaldecoの特長です。

 

椅子張りに使える生地なのでカーテンではゴワゴワになりますが、シェードでは適度な生地のハリがタタミ上がりに影響なくカッコ良く納まります。

ブルーグレーカラーレースのシェード

レースはライトブルーのカラーレースを合わせました。
細かいきらめきを見せる糸がモダンさと高級感を感じさせ
グレイッシュな意匠糸が入ることでスモーキーなトーンにもなっています。

 

↓レースは重なることで色も重なり濃くなるので
カラーレースをシェードにしたときは少し開けたときもカッコいいんです。

グレーのツインシェード

 

↓徹底的にグレイッシュにこだわった上質感漂う組み合わせ、ステキでしょ?。

ヘリンボーン織柄グレー

 

つづいて寝室をご紹介。
寝室にもリビングと同じように横長の窓があり、ブルーのアクセントクロスに映えるホワイト生地のプレーンシェードと窓枠内にロールスクリーンでコーディネート。

プレーンシェードと枠内ロールスクリーンレース

 

窓枠内のロールスクリーンを開けると手前のシェードのたたみ代でロールスクリーンが隠れるようにしています。

枠内のロールスクリーン全開

このようにするためには細かい計算をしてのお仕立てと細かい指示の取付工事をおこなってくれる職人さんの存在が不可欠なのですが、大前提で窓装飾が取付けできる下地が大きく入っている必要があります。

 

しっかりと下地を入れていただいたハウスメーカー様に感謝感謝。
『これをリビングに付けたいんだけど・・・』などなどご相談は下地の有無が重要なこともありますので
ぜひ図面完成前にカーテンランドへご相談くださいね。
↓近くで見るとこんな感じ。

枠内のロールがシェードのたたみ代で隠れる様に

寝室はロールスクリーンのラインに合わせましたが
2階のリビングはツインシェードなのですべてたたみあげたときにたたみ代が窓にかからないような位置で取付けをしています。
同じ窓でも組み合わせ方で取付位置も仕上がり高さも変わります。それができるのもしっかりと取付ができる下地あってこそなんです。

 

ベッドヘッド側になる腰高窓はヴィラノヴァ2017春夏コレクションからのチョイス。
こちらの窓は透明ガラスではないので中間的な厚みのあるレースカーテンのシングル掛けでコーディネート。
スクエアのブロックがグラデーションのようにデザインされたこの生地は織り柄ならではのボリューム感がナチュラルにもモダンにもマッチします。

モノトーンブロックグラデーションレースカーテン

通常は広幅生地の横使いで上か下に濃い色の方をもってくるのですが
今回はあえて縦使いして左から右へグラデーションになるように。
普通に横使いで作ると腰高窓ではこの生地の全体が見せれないので、縦使いして且つ片開きで柄が切れない様にご提案しています。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >