カーテン選びのコツ

新築一戸建ての図面完成前に知っておきたい新築カーテンのポイント

2017年 3月 13日 月曜日

【床別新築カーテン例】

1)オーク色の床

明るく温かみを感じるオーク色のフローリングは新築北欧住宅にもよく取り入れられている床のお色目です。
ナチュラル系インテリアや北欧ナチュラルにぴったり。モノトーンでちょっと引き締めた北欧モダンコーデも素敵です。
草木花柄のカーテンや新緑グリーンのカーテン
北欧モダンのモノトーンデザインを取り入れたり、シンプルに素材感にこだわったりと
明るく好きを詰め込んだインテリアコーディネートを楽しめます。

オーク色のフローリング オーク色のフローリング
リネンカーテンのシングル1枚掛け リネンカーテンのシングル1枚掛け
グリーンカーテン グリーンカーテン
北欧モノトーンコーディネート 北欧モノトーンコーディネート
マリメッコレースカーテンLDK マリメッコレースカーテンLDK

 

2)ウォールナット色の床

深いブラウン色が落ち着いたインテリアを演出してくれます。
ディープカラーやグレーのソファにプリントカーテンでポップモダンにコーディネートしたり、高級感を感じさせてくれるクラシックなインテリアも素敵。
かわいいよりはカッコイイ。重心が低く、大人の落着きあるインテリアにも仕上げられます。
窓周りで明るいインテリアにもっていきたい方はホワイト・アイボリーがベースのプリントカーテンや部分的に柄を取り入れたコーディネートもおすすめです。

ウォールナット色のフローリング ウォールナット色のフローリング
フラットカーテン少しだけ閉める フラットカーテン少しだけ閉める
ルーバーのあるインテリア ルーバーのあるインテリア
新築戸建の大きな窓のカーテンコーディネート 新築戸建の大きな窓のカーテンコーディネート

 

3)ホワイト色の床

ホワイト色のフローリング ホワイト色のフローリング
リネンカーテン スタイルカーテン リネンカーテン スタイルカーテン
コットン スタイルカーテン コットン スタイルカーテン

 

4)無垢材

樹種によって節の有無や柔らかさ、色や表情まで多種多様な無垢のフローリング。
唯一無二の木目は天然素材ならでは。
昨今のご新築では地模様柄の織物カーテンでちょっと和風モダンにしたり、パイン材のフローリングなどでは明るくポップな北欧テイストを取り入れても素敵です。
自然素材には自然素材も相性抜群。リネンカーテンを少しルーズに掛けたり、カーテン以外では縦型ブラインドなども少し素材感のある生地にするとグッド。
天井・床で天然の木に囲まれたお家には色彩豊かなプリントカーテンもよく合います。。

無垢のフローリング 無垢のフローリング
化粧梁のある和風モダンなLDK 化粧梁のある和風モダンなLDK
飾りレース付きリネンカーテン 飾りレース付きリネンカーテン
リビングに縦型ブラインド リビングに縦型ブラインド

 

【ご希望の窓装飾品を取り付けするために】

カーテン用の下地について

何十年と過ごすお家です。 ライフスタイルや好みの変化など、様々な窓装飾のスタイルに対応できるようになるべく大きく、広く壁面の下地補強をされるのがベストです。

下地の入り方

窓上から天井まで窓サイズより幅を左右100mmずつ大きいサイズで天井面までどこでも取付けが可能になると装飾カーテンレールや上飾り(バランス)などの様々なスタイルに対応ができます。 天井からのスタイルをご検討されたい方は天井面にも壁から200mm程度まで下地補強をしておくとよいでしょう。

木造住宅での縦方向の柱を下地として使った取付け方法はプレーンシェードや木製ブラインドなどを2台割りで取付けができません。下地補強は縦方向だけを考えるのではなく、横方向にしっかりと入っているのがベストです。

エアコンとカーテンについて

エアコンと窓装飾品は外部に面した壁面への取付けとなるため同一の壁面側となることが多いです。

窓の横にエアコン

最近のエアコンは多機能になっていますので上下左右の設置に必要な有効スペースが大きくなっています。

窓上にエアコンが重ならない様に平面図完成前に確認が必要です。

窓の上にエアコンが重なっている

写真の様に窓に挟まれる位置に取付けの場合はカーテンなどが壁面より出てくることを想定しておきましょう。平面の図面では十分なスペースがあるように感じますが実はエアコンとカーテンレールが干渉してしまう・・・なんてこともあります。

窓装飾は窓サイズより幅も高さも大きいものを取付けします。 エアコンは室内機のサイズと送風部分の羽根の動作範囲やカバーを開けた際の必要なスペースもチェックしましょう。

エアコンの吹き出し口

ハウスメーカー様や工務店様でエアコンの穴を事前に開けられる場合はなるべく窓から離した位置にできるかを確認しておくと良いでしょう。

カーテンと家具、建具との干渉について

造付け家具などの壁面にめいっぱい収納家具となる場合は扉や引き出し、内倒しの扉などが窓周りに干渉しないように注意が必要です。

キッチン背面開き戸との干渉

カーテンレールが当たってしまい、扉が全開にできなくなったり

ブラインド類が引き出しに当たってしまい開閉がしにくくなる場合もございます。

小上がり引き出し収納との干渉

対応策としてはカーテンなどの窓装飾が納まる寸法分のフィラーを入れていただいたり、少し壁面を設けていただくとベストです。

窓装飾と干渉しないように壁がある

特に見落としがちなのはカーテンBOXです。

開き戸とカーテンBOX窓と干渉

窓のサイズより大きくカーテンBOXも壁面めいっぱいで窓装飾も壁面全体に窓装飾を想定している場合は気付きにくいため、注意が必要です。

カーテンBOXと開き戸との干渉

 

ドアは開いた時に窓と重ならない様に間取りを作成できると良いでしょう。

どうしてもドアと窓が重なる場合は窓側壁面から約200mm程度、離れた位置にドアを取付けがベターです。カーテンなどが納まる寸法を確保することでドアの開閉がスムーズにできます。
又、写真の様な間取りになる場合は窓装飾にドア当たらない位置で、ドアストッパーをつけていただく必要がありますのであらかじめハウスメーカー様や工務店様と細かいお打合せをおすすめします。

クローゼットの折り戸も注意が必要です。
特にクローゼットの折り戸の方が窓よりも高い位置まである場合、カーテンレールと当たってしまい折り戸が開かなくなります。

クローゼット折り戸との干渉

吊り元が外せて一度横にスライドさせてから開けるタイプの折り戸もありますが、どのような開け方でも干渉がないようにしておくことをおすすめします。
特にお子様が使われるお部屋ではカーテンのスタイルも自由に選べて、クローゼットも気兼ねなく自由に開閉ができるようにしてあげたいものです。

リビング階段での注意点

リビング階段が窓にかかる場合には窓枠内に納まる窓装飾しか取付けができない場合があります。

掃出窓の前にリビング階段

窓の種類や形状、網戸のタイプによっては窓枠内に窓装飾品が取付けできない場合がありますので窓の種類やリビング階段との干渉の位置など平面ではなく展開図などを用い立体的に考えていく必要があります。

リビング階段と重なる窓

階段近くの窓をどのように使いたいのか、どのような窓装飾で飾りたいのか 平面図確定前にリビング階段近くの窓の位置関係を捉えることで窓のサイズ変更や種類・位置の変更など対応が可能となります。

リビング階段と重なっている窓の枠内にブラインド

 

窓の横にリビング階段が位置する場合はなるべく窓と階段に十分なスペースを空けてあげましょう。

階段が近すぎると窓を十分に覆えなかったり、上下に開閉をする窓装飾は階段に当たってしまい故障の原因となりやすいです。

サッシ・網戸と窓装飾について

内開き窓や内倒し窓、内開き網戸は開閉の可動域にカーテンレールやブラインド類を取付けできません。

ロール式網戸

窓枠を大きく覆うように取付けができない位置に内開き窓などが取付けされているとなにも取付けができないなんてこともあります。

例1)窓の上に24時間換気がついているため窓枠を大きく覆うように取付けができない。
例2)ドアや収納開き戸やクローゼットの折り戸が干渉するため窓枠外に取付けができない
例3)勾配天井で窓上すぐが斜めになっているため窓枠外に取付けができない。
平面図では見落としがちな部分もありますので内開き、内倒し窓や網戸は注意が必要です。

天井際に内倒し窓

小窓などによく見られるハンドルで操作をするジャロジー窓や縦すべり窓、横すべり窓は窓枠内に取付けをするとハンドルと干渉する場合があります。
取付けをされたい窓装飾が決まっている場合は事前に窓周りの専門店にご相談をするとベストです。

窓を全開できるように窓装飾を取付けするには

取付けをされたい窓装飾と窓が決まったら、まずオーダーカーテン専門店に相談しましょう。
特に店舗での打ち合わせとカーテンの採寸や取付け工事まで全てを担当している窓周りのプロがいるお店がベストです。一件のお客様のお家を一人のスタッフが一貫して対応しているお店は最後の納まりまでを想定したお打合せができます。窓周りのお打合せは経験と知識を持ったお店にご相談ください。

『縦型ブラインドを全開にしたときにたたみ代が窓にかからないようにしたいんだけど・・・』
『光を多く取り入れたいので厚地カーテンが窓にかからないようにしたい・・・』
などなどカーテンの打ち合わせがスタートするとご要望がでてくるものです。
でも実は様々なスタイルによってたたみ代は変わってしまいます。
又、取付けに必要な下地補強の範囲も大きくなります。
窓装飾のご要望をかなえるには、ご新築の図面完成前にオーダーカーテン専門店と打ち合わせをされると良いです。

エアコンや24時間換気、スイッチやコンセントなどが窓周りに無いようにしていただく必要があります。せっかく下地補強はしたけど照明のスイッチが窓の横につけてしまった・・・なんてこともあります。24時間換気が近くなりますと窓装飾が汚れやすかったりしますので注意が必要です。

装飾カーテンレールについて

ウッドポールレールやアイアンレールなどを取付ける場合は窓上に十分な下地補強と窓の左右に十分なスペースがあるとベストです。
壁やエアコンなどの干渉がないことで装飾キャップを両方そろえることができます。

ウッドポールレールやアイアンレールなどはポールを受けるブラケットは窓より大きく左右に出した位置に取付けが必要です。窓の中央にも取付けが必要なので下地補強はしっかりとしてもらいましょう。
カーテンの金額は高くなりますが、窓よりも大きく、高い位置に取付けすることにより見た目の豪華さと室内外からのカーテンの見栄えが良くなります。

 

 

【様々な窓へのご提案、ご相談承ります】

疑問・質問_2

どんなお悩みでもお気軽にカーテンランドにお話ください。ご来店の際は、気になったこと、気になっていたことをお近くのスタッフにおたずね下さい。
※ご新築の方はお図面などの寸法が分かるものをご持参いただきますと御見積りも可能です。
現在お住まいのお家のカーテンコーディネートをご希望の方はカーテンレールの長さ、レールからのカーテン仕上がり想定のサイズをお知らせいただけるとお打合せがスムーズにできます。
現地採寸・打ち合わせも行っておりますのでご来店の際はお気軽にご依頼ください。

 

これからお家を検討しようかな?
という方向けの“お気軽る個別相談”も随時開催中。≪要予約≫

好みのカーテンやスタイル、窓装飾品を取付けるにはお図面が完成する前に必要な確認がたくさんあります。
・カーテンレールの取付用の下地はどこまで入っているか?
・好みのカーテンレールのベストな取付位置は可能な窓環境なのか?
・意外と知られていないカーテンとカーテンレールとの相性などなど
窓周りの商品を知りつくしたインテリアコーディネーター斉藤がご説明致します。

個別相談会

担当コーディネーター 斉藤

インテリアコーディネーター No.051112A
自身の自宅建築時にもカーテン屋の視点からの設計・打ち合わせを行った経験を持つ、子育て奮闘中の一児の父

 

ご予約はお電話もしくはメールで: 0568-22-2588

curtainland@vesta.ocn.ne.jp

=お気軽に斉藤までご予約・お問い合わせ下さい=

 

 

カーテンランド店舗情報

TEL 0568-22-2588

カーテンの後入れマグネットランナーの取り付け方

2016年 10月 26日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日のブログはお客様向けのブログです。
対応可能なレールが限られますがレールの中にあるマグネットランナーを後から入れることができる『後入れのマグネットランナー』のご説明です。
それでは早速、スタート。

後入れマグネットランナーのセット

↑まず必要なセットが揃っているかの確認。
カーテンレールの中で組み合わせをしてマグネットランナーが完成しますので、このようにバラバラになっているようにします。

 

後入れランナーの付け方(1)

↑まず、小さい方(後入れランナー)を横に向けてレールに差し入れます。

 

後入れランナーの付け方(2)

↑十分に差し入れた状態で
ひねるように回します。

 

後入れランナーの付け方(3)

↑カーテンを掛ける輪っか部分が正面を向く位置まで回します。

 

↓後入れランナーの取付けが完了

後入れランナーの取付け完了画像

↑この状態で左右に後入れランナーを動かしてみてください。
対応ができないレールや取付け方法がされている場合は後入れランナーの滑りが悪かったり、干渉する部分があり動かなくなる場合があります。
問題無く滑るようであれば、後入れのマグネットランナーがご使用いただけます。

 

↓次に大きい方(マグネット部分)を取付します。

後入れマグネットランナーの付け方(1)

↑後入れランナーが問題無く使用できることを確認後
大きい方も同様に
横に向けて差し入れます。

 

後入れマグネットランナーの付け方(2)

↑十分に差し入れた状態にします。

 

後入れマグネットランナーの付け方(3)

↑とがっている側を後入れランナーの方へ向けるように回します。

 

後入れマグネットランナーの付け方(4)

↑後入れランナーと大きい方の部品を組み合わせします。
大きい方の部品のとがっている部分で後入れランナーを挟むように差し込んでいきます。

 

後入れマグネットランナーの付け方(5)

↑後入れランナーを挟むように一番奥まで押し込みます。
※少し堅いので怪我をされないようにご注意下さい。

 

後入れマグネットランナーのセット(2)

↑対になっている左側も同様に取付けをします。

 

後入れマグネットランナーの取付け完了画像

↑後入れのマグネットランナーがくっつくことを確認後、カーテンを掛けて完了です。

 

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例

おしゃれと見えにくさを持った輸入レースカーテン

2016年 5月 21日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日はカーテンランドが取り扱いをしている輸入ブランドの新作レースカーテンをご紹介。実はこのレースカーテンは、高さ方向が約300cmの生地にめいっぱいのデザイン。横方向の柄リピートも180cmととんでもなく大きなリピートの大胆なアートのようなレースカーテンなんです。

デジタルプリントレース

リピートが大きな生地はお仕立てする際の柄位置で印象が変わりやすいもの。どの色が中央にくるのか、どの色が多く入り感じるのか、デザインによっては固定の見え方を追求した方が良い場合があります。
ですがこのレースカーテンはどこで切り取ってもOK。その魅力は変わらないんです。
むしろ、これだけ大きなリピートとなれば、他には無い唯一の柄位置(デザイン)のカーテンとなってくれて、これまたおしゃれ度アップ!アップ!

お部屋の中心にアートを取り入れるように窓辺に掛けても良し
無地と組み合わせてアシンメトリーにデザインして楽しんでも良し
人と同じじゃないコーディネートがお好きな方におすすめの逸品です。

↓この特別なラメ糸を使った光沢が不思議な魅力を感じさせてくれるんです。

おしゃれなレースカーテン

独特の光沢感があることでデザイン性の高いレースながら意外に外から室内が感じられにくいんです。

 

カーテンランドの店内からサンプルのレースカーテンを動画で撮影しています。ぜひご覧下さい。

程よい透過性もあって圧迫感もないでしょ?
モダンなマンションから、戸建てのリビングルームにも天井から大きく大胆に取り入れていただくとカッコいいんです。

 

同じ日に外から撮影した動画です。

いかがですか?
おしゃれなデザインレースでも結構中が感じられにくいでしょ?
ミラーレース以外にもおしゃれと見えにくさを持ったレースカーテンがあるんです。
せっかくのカーテン、せっかくの家族が集うインテリア。
ぜひ機能性だけでなくおしゃれもちょとだけ取り入れてくださいね。お悩みの方はぜひカーテンランドへご相談ください。

 

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >