レトロなチュールレースカーテンで優雅に間仕切り

2015年 10月 6日 火曜日
Pocket

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市西区のお客様の間仕切り編をご紹介します。

※リビング編はこちらから⇒ 手を抜かないモダンカーテンコーディネート

今年、新たに加わったチュールレースをお部屋間の間仕切りカーテンにご採用いただきました。天井際からのカーテンでヒダ倍率はフラット気味の約1.5倍としています。

間仕切り閉

 

今回ご採用いただいたチュールレースは掛けているだけで少しだけ伸びる可能性があるもの。
編みの地が重力で開くことでカーテンが伸びる現象が起こります。
ですのでサイズは床上がりを少し高め大きく開けたサイズでお仕立てしています。
カーテンランドでは採寸をしてそのサイズで仕立てるというだけでなく、生地によって仕立て方や今回のようにサイズまで考慮しながらお客様と相談をすることを心がけています。

チュールレース接写

余談ですが
リネンなどの天然素材のカーテンでもよく生地の収縮についてお話をします。
天然素材は収縮があるのは皆さんご承知の通りですが、生地で収縮が全くないというのは少ないです。
水洗いがご自宅でできますよ~と表記をさせて頂いているウォッシャブル生地でも約1%前後の収縮は起こる可能性があります。
『1%かぁ、少ないなぁ』と思われるお客様も
『なので、2mの丈のカーテンの1%なので2cm前後は縮む場合があります』
とお伝えすると少し驚かれます。
生地は収縮が起こることをご理解ください。

 

最後に横長窓に取り付けをされた木製ブラインド。

『ブラインドは誰が付けても同じでしょ?』とのお声もありそうですが
いやいや、こちらもちょとだけこだわりがあるんです。

スラットの幅が50mmじゃなくて35mm幅?
↓この写真でそこに気が付いた方はなかなかのブラインド通ですが(笑)
いやいや、実は他にもあるんです。

木製ブラインド

 

木製ブラインドを全て上げた時に窓にかからないようにたたみ代を考慮した寸法で作り、取付位置も算出しています。
取り付けが可能な下地次第となりますが、窓を全開にされたい方にはお打合せでこのようにさせていただいています。
ぜひお気軽にカーテンランドへご相談ください。

木製ブラインド全開

 

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

斉藤アップ500×500グレイ【ブログ作成:斉藤】

Pocket

Tags: ,

Comments are closed.