Posts Tagged ‘間仕切り’

ティールブルーの花柄リネンレースカーテン

2018年 11月 24日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県刈谷市のお客様の施工事例をご紹介致します。
ベッドを置いたホテルライクなリビングはハワイアンテイストのアイテムでいっぱい。そんなインテリアのベッド周りをリネンレースカーテンで装飾性を兼ねそなえた間仕切りカーテンでコーディネートされています。

ハワイアンな花柄プリントレースカーテン

リネン地に大胆な花柄のプリントレースカーテンは英国ヴィラノヴァの作品。緑みに寄った深みのあるティールブルーが上品さを醸し出します。

 

↓ベッドスペースの照明をつけるとこんな感じ。

ティールブルーの花柄リネンレースカーテン

大きな面積でも、適度な透け感のあるレースカーテンの軽やかな印象とリネンの素材感がマッチしたリゾート感溢れる、あえて見せる間仕切りカーテンのコーディネート。
皆さんもいかがですか?

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

窓にロールスクリーン、間仕切りにカーテン

2018年 11月 11日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県北名古屋市のご新築。
小窓にロールスクリーン、ウォークインクローゼットとの間仕切りにカーテンを納めさせていただいた施工例です。

2窓を1台のロールスクリーンで覆う

スクエアの窓が2つ並ぶ窓ということもありロールスクリーンでスッキリさっぱりとちょい温かみのある壁色に馴染むカラーをセレクトされています。

1台のロールスクリーンで2窓を覆う

間仕切りにご採用いただいたのはナチュラルアイボリーカラーのリネン100%カーテンです。間仕切りにも素材感を重視したセレクトをされています。
以前は、間仕切りと言えばロールスクリーンのご要望が多かったのですが、最近ではカーテンをご希望なさるお客様も多くなってきました。

リネンカーテンで間仕切り

間仕切りでのロールスクリーンのメリットは閉めない時の納まりがスッキリしてジャマに感じにくいことかなと思います。
デメリットは小さなお子様がいらっしゃるご家庭では極端に寿命が短いです。
なぜなら、小さなお子様がロールスクリーンをクルクルッと丁寧に開けて出入りはしませんからね。必ず横からくぐります(笑)
その点、カーテンはお子様がどんな使い方をされてもよほど開閉ができなくなるようなことにはならないです。ただし閉めない時は横に束になるので少しスペースをとります。

なのでカーテンランドとしては
ごくたま~に閉めるだけ、一週間に一回もしくは、ひと月に一回から二回程度の場合はロールスクリーンも間仕切りにおすすめ。
冷暖房効率を考えての間仕切りの場合は、使う季節のときはほとんどの時間閉めていても良いくらいかと思いますのでロールスクリーンよりもカーテンをおすすめしています。
必要としない季節はカーテンをはずせばレールだけになりますからね。

それではまた。

過去の施工事例

リビング階段間仕切りにハトメカーテン

2018年 10月 6日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日はリビング階段の間仕切りカーテンの施工事例です。
ブラックに近いダークグレーの無地でハトメカーテンで間仕切りしています。
ポールはブラック、ハトメはアクセントになるようにゴールドで。

リビング階段間仕切りハトメカーテン

実はこの階段間仕切りの反対の面に掃出窓があるのですがこんな感じになっているんです。
施工事例ブログ⇒一枚変えるだけで大きく変わるカーテンコーデ
この一枚だけ変えたカラーと階段間仕切りのハトメカーテンをリンクさせたコーディネートとなっています。

 

↓使わないときにハトメカーテンを開けて寄せるとこんな感じ。

階段間仕切りハトメカーテンが開いている

生地質が柔らかいポリエステルの無地なので納まりも良い感じです。
階段も開口部からすぐ段差があるわけではないのでカーテンを寄せ時にも干渉することがなくキレイに見えます。
壁面へビス止めをしているだけのポールレールなので左右どちらからも開閉はできて小さいお子様でも安心です。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例