ブラック枠のガラス戸にリネンで目隠しカーテンを掛けた寝室

2020年 3月 24日 火曜日
Pocket

愛知県北名古屋市のカーテンランドです

今日は寝室、窓ではなくお部屋を仕切るガラス戸を覆うカーテンの施工事例をご紹介致します。

階段を上がっていくと・・・

奥様デザインの壁面アート

奥様がデザインされたという壁面アートがお出迎え。

そのアートを挟むようにブラック枠のガラス戸があり、その奥が寝室となります。

寝室の中から見るとこんな感じ。

寝室の透明建具の間仕切りリネンカーテン

ブラック枠のガラス戸があることで開放感抜群の寝室。そこをリネンカーテンで目隠しもできるようにします。

閉めるとこんな感じ。

ホワイトのリネンカーテンをルーズにした間仕切りカーテン

えっ!?と思われた方、なかなかするどい。

今回のカーテンは3ツ山やフラットカーテンなどのような一般的によく見るカーテンの仕様ではありません。

そしてカーテンレールからカーテンのフックが外れているわけでもありません。

奥様がここにこだわったのは

ラフに、とことんルーズに。

フックなんかも少なくていい。

とカーテンランドの店内サンプルにある仕様でご注文いただきました。

このルーズな感じとトップのゆるさが、カーテンが掛ってるという感じではなく、ただ布を吊っているような感じに見えて廊下側から見たときもカッコいいんですよね。

廊下から見たときの間仕切りリネンカーテン

ちなみにお写真では写っていませんが、トップがだらんだらんに下がっていますので、こちらのカーテンは床にスリスリのサイズでのお仕立てになっています。

それではまた

Pocket

Tags: , ,

Comments are closed.