カントリーカーテン

お客様と一緒に創るナチュラルカントリーなカーテンコーデ

2018年 7月 18日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県江南市のご新築のお手伝いをご紹介いたします。
経年変化を感じさせる無垢フローリングにホワイトの壁。明るさのあるナチュラルカントリーナなLDKの掃出窓にコットンダブルガーゼのホワイトをギャザー仕様でご採用いただきました。
奥様はヒダ山を均等に取ったカーテンよりも整いすぎないランダムな表情をお好みでギャザー仕様でのお仕立てとなりました。

コットンギャザーカーテン

裾をあえて10cmの三つ折り返しでわずかにクテッとなるようにしています。
あまりズリズリになるのもちょっと・・・ということもありこの丈になっていますが
柔らかな質感に少ししっかりとした部分を見せるこのバランスもあえて狙ってもいいかもと思えるくらい素敵でした。奥様のセンスに脱帽。

 

↓レースカーテンもナチュラルで少し可愛らしさもプラス。
裾には舞い上がる小花が刺繍で描かれたナチュラルレースです。

裾に刺繍が入ったナチュラルレースカーテン

 

レースカーテンの奥ではご主人様が外構工事を準備中。
日差しがやさしく差し込むレースカーテンです。
レースカーテン越しのお子様も絵になります。

シルエットがきれいなレースカーテン

 

小窓は枠内に同じレースカーテンをカフェスタイルで納め、枠外には1台でイギリスのプリントをプレーンシェードでポイントをプラスしたコーディネートをしています。

コットンカーテンとプレーンシェードを閉めた写真

 

↓少し話がそれるのですが、このラフなアームホルダーへの掛け方、格好良くないですか?

ラフに束ねてカッコいいコットンカーテン

これ、ご主人様がなにげなく来られ
『このカーテン、良いね♪』
とおっしゃったあとにパサッと掛けたこの姿。
これがまたカッコいい。
あとでカーテン屋が何度やってもできない。。。
格好良くしてやろうという雑念が大きすぎてできない、ならない。。。
狙ってできたらいいなぁと思う邪なカーテン屋では、やっぱりできない。。。
この自然な感じが似合うのも天然素材のカーテンの良いところ。あらためて勉強になりました。

 

話を戻して
↓お隣りの小窓のシェードも奥様のこだわりが詰っています。
お気に入りのイギリス生地に、奥様にご相談を受けたフリルを付けたオリジナルのデザイン仕様に。
奥様から『こんな感じ、できますか?』と見せてもらった画像を元にお仕立てしています。

裾にリネンフリルをつけたプレーンシェード

見せていただいた画像は実はもっと荒い仕上がりのフリルで、良く言うとハンドメイド感がある物でした。
フリルの大きさもピッチも全てランダムなその仕上がりは、実際に造る人の感性で変わるため、なかなか真似ができるものではありませんでしたが、だんだんとランダムになったり経年変化を楽しんでいただくためにリネン生地でフリルを仕上げることに決定。ご採用いただきました。
今後の変化も楽しみなプレーンシェードになりました。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例

本格ログハウスと英国王室御用達カーテン

2018年 3月 28日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は本格ログハウス住宅の掛け替えカーテンのお手伝いをご紹介致します。
カーテンレールも取り替えをされていてリビングルームの掃出窓にはウィリアムモリスをセレクト。
モリスの代表作とも言える『いちご泥棒』のジャガードカーテンとアイアンレールでコーディネートです。

ログハウスにモリスいちご泥棒

 

腰高窓はプレーンシェードでコーディネート。
ウィリアムモリスのカーテンに詳しい方ならもうお気付きかもしれませんが
腰高窓は『いちご泥棒』のプリント生地を採用しています。

ログハウスリビングにモリスカーテン

↑モリスデザインの中にはいちご泥棒のようにジャガードとプリントの両方にあるものもあるんです。ジャガードとプリントのコーディネートでも違和感ゼロでしょ。
カーテンでは重厚感を、シェードではより絵画のようにメリハリの効いたコーディネートの演出をする!なんてこともモリスデザインではできるんです。
ログハウスとウィリアムモリス、素敵でしょ~

 

続いてダイニングルームをご紹介。
こちらは英国王室御用達『サンダーソン社』のファブリックをご採用いただきました。
モリスデザインもサンダーソンのグループブランドということもあり、共に150年以上の歴史あるブランドと言えます。
セレクトされたファブリックはリネンやコットン、ヴィスコースなどが使われたナチュラル感のあるベース生地に樹がプリントされ、そのまた上にリスとトリが刺繍されています。

ログハウスのカーテン

あえて、そこにプラスαのオリジナリティ。
上下にフレームのように継いだチャコールカラーのリネン生地がポイントのデザインカーテンにしています。
トリとリスが刺繍で施されたこのデザインは1890年に壁紙として最初に制作したものなんです。
120年以上前のデザインですが、今見てもほれぼれする魅力を持った作品です。

 

赤のテーブルクロスとカップ越しに見る英国ファブリックのカーテン。
カッコいいでしょ~

ログハウスのカーテンコーディネート

写真撮影の時にパッとこちらを出していただいたお客様のセンスにもう脱帽。
やはり“本物”には“本物”がよく合うことを再認識させていただいたお客様に感謝感謝です。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

ブルーの漆喰輸入住宅のオーダーカーテン

2017年 5月 17日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日はブルーの漆喰壁が特徴的なお部屋のカーテンコーディネートをご紹介致します。
洋書のインテリアに出てきそうな寝室。ベッドとソファの間に位置する小窓はお部屋に入ったときに正面に見えるフォーカルポイントになります。
お嬢様お気に入りのリノテキスタイルのデザインカーテンをレールの位置を高めに取り付けしていただき、丈はあえて床まで長くしています。

ブルーの漆喰壁の寝室

窓を遮る機能だけのカーテンではなく
“装飾”としてのカーテンで印象的なコーディネートを実現されています。

 

腰高窓は同じリネン生地を使ったプレーンなカーテンにして
グレーのリボン結びタッセルで小窓のデザインカーテンとリンクさせるようにコーディネート。

漆喰ブルーの壁の寝室

 

全体を見るとこんな感じ。

リボン付きリネンカーテンとホワイトリネンカーテン

 

リボン結びタッセルは帯状にしたリネンのグレーを2本、お好みのバランスで結んでスタイリングしてお楽しみいただけるようになっています。
優雅にゆったりとみせたり
ちょっとタイトにキュッとしてみたり
自由にアレンジできるワンポイントアップアイテムです。

リボン結びタッセルリネンカーテン

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >