カントリーカーテン

本格ログハウスと英国王室御用達カーテン

2018年 3月 28日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は本格ログハウス住宅の掛け替えカーテンのお手伝いをご紹介致します。
カーテンレールも取り替えをされていてリビングルームの掃出窓にはウィリアムモリスをセレクト。
モリスの代表作とも言える『いちご泥棒』のジャガードカーテンとアイアンレールでコーディネートです。

ログハウスにモリスいちご泥棒

 

腰高窓はプレーンシェードでコーディネート。
ウィリアムモリスのカーテンに詳しい方ならもうお気付きかもしれませんが
腰高窓は『いちご泥棒』のプリント生地を採用しています。

ログハウスリビングにモリスカーテン

↑モリスデザインの中にはいちご泥棒のようにジャガードとプリントの両方にあるものもあるんです。ジャガードとプリントのコーディネートでも違和感ゼロでしょ。
カーテンでは重厚感を、シェードではより絵画のようにメリハリの効いたコーディネートの演出をする!なんてこともモリスデザインではできるんです。
ログハウスとウィリアムモリス、素敵でしょ~

 

続いてダイニングルームをご紹介。
こちらは英国王室御用達『サンダーソン社』のファブリックをご採用いただきました。
モリスデザインもサンダーソンのグループブランドということもあり、共に150年以上の歴史あるブランドと言えます。
セレクトされたファブリックはリネンやコットン、ヴィスコースなどが使われたナチュラル感のあるベース生地に樹がプリントされ、そのまた上にリスとトリが刺繍されています。

ログハウスのカーテン

あえて、そこにプラスαのオリジナリティ。
上下にフレームのように継いだチャコールカラーのリネン生地がポイントのデザインカーテンにしています。
トリとリスが刺繍で施されたこのデザインは1890年に壁紙として最初に制作したものなんです。
120年以上前のデザインですが、今見てもほれぼれする魅力を持った作品です。

 

赤のテーブルクロスとカップ越しに見る英国ファブリックのカーテン。
カッコいいでしょ~

ログハウスのカーテンコーディネート

写真撮影の時にパッとこちらを出していただいたお客様のセンスにもう脱帽。
やはり“本物”には“本物”がよく合うことを再認識させていただいたお客様に感謝感謝です。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

ブルーの漆喰輸入住宅のオーダーカーテン

2017年 5月 17日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日はブルーの漆喰壁が特徴的なお部屋のカーテンコーディネートをご紹介致します。
洋書のインテリアに出てきそうな寝室。ベッドとソファの間に位置する小窓はお部屋に入ったときに正面に見えるフォーカルポイントになります。
お嬢様お気に入りのリノテキスタイルのデザインカーテンをレールの位置を高めに取り付けしていただき、丈はあえて床まで長くしています。

ブルーの漆喰壁の寝室

窓を遮る機能だけのカーテンではなく
“装飾”としてのカーテンで印象的なコーディネートを実現されています。

 

腰高窓は同じリネン生地を使ったプレーンなカーテンにして
グレーのリボン結びタッセルで小窓のデザインカーテンとリンクさせるようにコーディネート。

漆喰ブルーの壁の寝室

 

全体を見るとこんな感じ。

リボン付きリネンカーテンとホワイトリネンカーテン

 

リボン結びタッセルは帯状にしたリネンのグレーを2本、お好みのバランスで結んでスタイリングしてお楽しみいただけるようになっています。
優雅にゆったりとみせたり
ちょっとタイトにキュッとしてみたり
自由にアレンジできるワンポイントアップアイテムです。

リボン結びタッセルリネンカーテン

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

英国バラ柄カントリー

2014年 5月 10日 土曜日

今日は愛知県小牧市のお客様のお手伝いをご紹介します。
会社兼自宅としてリフォームされたLDKを大人エレガンスなバラ柄カーテンでコーディネート。
カーテンランドで3月末まで開催していたイングランドフェアに合わせてご購入いただき
LDの厚地はmade in UK 英国製のプリントファブリックです。
 
LDの窓は掃出窓と腰高窓の並びで取付高さも異なります。
下地の関係上レールの取付位置も変わってしまいますが
柄位置は床から合うように柄位置指定をしています。
(当店取扱い商品でもお選びいただく生地のよっては柄位置指定ができない商品もございます)
↓クリックすると大きくな~るよ。
閉

 
 
 
 
 
 
 
 
 
新たに設けられたキッチンスペースには腰高窓が2窓あります。
リフォーム前と基本的にはサッシは同じため壁面めいっぱいに2窓並びになっています。窓前には冷蔵庫や食器棚などが置かれる為窓枠内に納まるロールスクリーンでコーディネートされています。
 
↓セレクトされたのは花のシルエットが浮かびあがるシースルー生地。
あまり開閉しないので暗くなり過ぎない、でもガラス面があまり直接は見えにくい
そんな見え方もお客様のご要望にピッタリの作品でした。
キッチン

 
 
 
 
 
 
 
 
 
それではまた。


斉藤アップ500×500グレイ【担当Stylist:斉藤】