特殊窓

カーテンの前に掛ける絵画のようなモリスフルーツ

2018年 4月 22日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県春日井市のお客様。うれしいうれしい再来店再購入のお客様です。
リビングの大きな掃出窓が時間帯によって対面するテレビが光ってしまい見えにくいということでご相談をいただきました。
お客様の方でスダレをカーテンレールに引っかけて対応をされていたのですが
スダレだと開閉時にカーテンとの引っかかりが大きく悩んでいらっしゃいました。
そこでお客様の案としてスダレと同じようなサイズでカーテン生地のタペストリーを作って掛けられないかというご依頼をもらいました。

↓そこでウィリアムモリスの『フルーツ』をハトメ仕様のパネルカーテンにしてお納めました。

ウィリアムモリス フルーツ パネル

ポイントは3つ
1:カーテンレールの上からは下地の関係上取付けができないため、レールに取付けができるタイプでなければならないこと。
2:カーテンの開閉ができなければならないこと
3:取付けするところをある程度、移動したり調整したりできるようにすること

このポイントのうち2点(1と3)はS字フックでスダレを掛けている状況で問題無くクリアされていたので基本的な仕様はそのままにしました。
生地で上下にバーを入れるパネルカーテンになることでカーテンとの引っかかりは少なくなっています。
隠れたポイントしてはバーにフックが付いたタペストリーにせず、ハトメにしてフックを通した点です。スダレのような引っかかりはありませんがカーテンを横から閉めたり、開けたりするため手前に掛けられたパネルも多少左右に動きます。
そのためタペストリーでは小さいフックをS字フックに横から掛けることになり不安定になるのです。
ハトメに通すことで横方向の揺れにも対応しています。

お客様のアイデアで生まれたカーテンの前に絵を飾るようなスタイル。
とっても貴重な良い勉強をさせていただきました。
ありがとうございました。

それではまた

≪GW休業日のご案内≫
2018年のGW休業日は
5月3日(木)のみとなります。
4月28日から5月2日、5月4日以降も通常営業しております。
皆様のご来店をお待ちしております。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

L字型窓にプレーンシェードを取付けした施工例

2017年 10月 22日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は名古屋市千種区のマンションのお吊り替えのお客様。
掃出窓の大きなL字型になった窓にプレーンシェードを取付けした施工事例をご紹介いたします。
ご採用いただいたのはLif/Lin(リフリン)のLL1001 リネン100%の生地です。

L字型窓にプレーンシェード

シェードは横並びで取付ける2台割りでも突き合せはどうしても隙間ができます。
これはL字型窓の場合も同じです。

 

レースカーテンは窓枠内に納めてプレーンシェードとレースカーテンの組み合わせです。

プレーンシェードとレースカーテンの組み合わせ

 

↓横並びの2台割りと違う点はたたみ上げたときのたたみ代がL字型窓であるがゆえに干渉することです。

L字型にプレーンシェードを取付け

レースもリネン。
天然素材にこだわりました。

 

リネン生地で作るプレーンシェードは月日を経ることで柔らかな表情となってくれます。
↓ポリエステルやコットンプリントとはちょっと違ったシェードのたたみ部分の柔らかさ、分かりますか?

掃出窓にリネンのプレーンシェード

シワシワ、くちゃくちゃになるのがリネンの特性。
時々お客様より『リネンはシワになるのが気になるなぁ』というご意見もいただきます。
でも、きっとシワシワ、くちゃくちゃにならないリネンがあっても
『何か違う・・・これならリネンじゃなくてもいいかも・・・』となるのでは
そのすこ~しやんちゃな特性には他の生地には無い魅力がたくさんつまっているんだと思います。
リネンの魅力がつまったリネンの特性も一緒に好きになっていただけるお客様にいつも感謝感謝。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

小窓のカーテンコーディネート

2017年 7月 16日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は小窓の、それもとってもとっても小さなスクエア小窓のカーテンコーディネートをご紹介します。
イギリスブランドのプリント生地を使って上部を筒縫いにしてキュッとリボンで縛ったオリジナルスタイルです。
↓ポイントは縛っているリボンを生地の端っこの“生地ネーム”部分にしているところ。

小窓のカーテンコーディネート

生地ネームリボンは切りっぱなしでホツレもでるけど、その程良いルーズな感じも素敵でしょ?
リボンを解けばカーテンで窓を覆うこともできますが
どちらかというと、完全に開けたり閉めたりというよりは固定のスタイルを楽しむ小窓のカーテンコーディネートです。
ちょっとしたところの小窓にいかがですか?

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >