スタイルカーテン

エステティックサロン イナファー様のお手伝い

2019年 1月 28日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日はエステティックサロンのカーテンをお手伝いさせていただいた施工例をご紹介致します。
ご依頼をいただいたのは、愛知県北区にありますエステティックサロン イナファー様。現在バルーンシェードが取付けされた窓と天井に取付けされた天蓋レースカーテンを新調していただきました。

バルーンシェードが取付けされていた窓にご採用いただいたのはスペインブランドの花柄プリントファブリックです。

麻と綿の花柄プリント

綿と麻を使ったナチュラルな地に水彩タッチで描かれた草木花柄です。
この絶妙な自然素材の落着きながらも華やかな花柄プリントがエレガンスにインエリアを演出してくれます。


↓こちらが納品後のお写真。エントランスの小窓です。今までバルーンシェードでしたが開閉することがなく動かさないということで、今回は固定式のバルーンスタイルにさせていただきました。横の壁掛けのお花飾りとも相性抜群で素敵でしょ?

手動式のバルーンスタイル

固定式とはいえ、まったくバルーンの高さを変えられないわけではなく、約10mm前後のピッチで止める高さを調整できます。昇降のコードがないバルーンシェードのようなスタイルなんです。なので右にも左にも操作のチェーンが無くてスッキリ。

続いてご紹介するのは、天蓋レースカーテン。アンティーク調のチュールレースをご採用いただきました。筒縫いにしてクシュクシュッとヒダをつくり、生地の柔らかな表情でエレガンスな印象に。

照明を和らげる天井レース

以前のものと異なる部分としては、セレクトされたレースがチュールレースで裾スカラップがあること。この裾を残し、活かすことで飾りレースをあしらったかのような仕上がりになっています。

チュールレースで天井をデコレーション

↑この裾スカラップ部分は、ベッド付近で見上げたときに廻り縁(天井と壁の見切り)が隠れる程度にしています。このサイズ感やバランスはイナファー様のご指定なのですが、これがまた絶妙なんです。

美しい女性は感性もまた美しい、そう感じさせていただきました。

施術スペース横の窓もエントランスと同じ花柄プリントをバルーンスタイルにされています。

天井チュールレースとバルーンスタイル

ここは半分以上隠れて見えないところになりますが、ここをシンプルに何でもいいや とならないところもさすがです。見えるところは美しく、細かいところにも妥協せずこだわり抜く、お客様が最後まで気持ちよく過ごしていただけるサロンを目指されている姿勢に感服しました。

お肌のサポートだけでなく、心のケアも目指される、こだわりの詰ったエステティックサロン イナファー様。気になられた方はぜひ一度お問い合せください。
行かれた際はこっそりカーテンもチェックしてくださいね。 それではまた。


エステティックサロン
イナファー様
名古屋市北区若鶴町241番地
tel 052-902-2020
hp http://inafaa-nagoya.com/


≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例

輸入住宅にイタリア製のカーテンを納めました。

2019年 1月 24日 木曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は輸入住宅のお客様にカーテンを新調していただいた施工事例をご紹介致します。
今までご使用になられていたのはラルフローレンのウールのような質感のチェック柄のカーテン。年数経っていますがとてもしっとりとしなやかな生地質でした。

以前のラルフローレンのチェックカーテン

カーテンを新しくする上で、この生地がお好みだったことと同じくらいに重要だったポイントが、同じ作り方をされたいということでした。

お客様にとってカーテンの作り方もとってもお気に入りだったのです。

ラルフローレンの箱ヒダカーテン

↑アイアンレールに箱ヒダにしたカーテンをフックではなくクリップで挟み吊るスタイル。

そして今回新しくお仕立てしたのが↓こちらのカーテン。ご主人様がセレクトされたのは、上質感のあるイタリア製のシンプルなカーテン。暖色系からMIX感のあるグレイッシュなカーテンへ変わりました。

イタリアのグレー無地カーテン

箱ヒダにすることはそれほど特殊ではないのですが、箱ヒダのサイズや幅継ぎの位置など細かな点を今までご使用のカーテンに近づけるようにお手伝いをしました。 特に生地幅によって幅継ぎ位置は変わるため、お選びいただく生地によって必ずしも同じような作り方にできるわけではありません。・・・が、今回は同じような生地幅のものを気に入られ、幅継ぎ位置も合わせることができました。

↓全体を見るとこんな感じ。

ブルーのラグにグレーのカーテン

カーテンを新調されるにあたりラグもブルーに新しいものにされています。

レーヨンとリネンを使ったこのカーテンは、真新しいヒダのボリュームが年月を経て変化する様も気に入っていただけると思います。
今日よりも明日、明日よりも明後日。本物を使ったお家にスッと馴染むそんなカーテンへと変貌していくのが楽しみなカーテンコーディネートでした。

それではまた。

≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例

モノトーンでまとめられたシンプルインテリア

2018年 12月 26日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

2018年も早いものでカーテンランドは本日12月26日で年内の営業は終わりです。かなり以前からご予約をいただいていたお客様のお打合せや取付け工事はまだありますがお店の営業は本日までとなります。
本年もカーテンランドにご依頼をいただいたお客様に支えられ、たくさんの素敵なカーテンコーディネートのお手伝いをさせていただきました。ありがとうございました。来年も引き続きカーテンランドを応援よろしくお願い致します。

今日は愛知県江南市の青木建築様からご紹介をいただいたご新築のお客様の施工事例をご紹介。
キッチンの壁には真っ白のサブウェイタイルが貼られ、建具やコンセント、スイッチ類にいたるまでシンプルなフォルムとレトロ感を取り入れたインテリア。日々触れるものもアメリカンスイッチのようにシンプルな見た目と、質感や本物だけが醸し出す存在感を随所に取り入れたLDKになっています。
お施主様のお家へのこだわり、インテリアへのこだわりが感じられる素敵なお家になっています。

リネンカーテンをロープタッセルで束ねる

掃出窓には、ブラックのアイアンレールにナチュラルグレーのリネンカーテンをフラットスタイルで。お昼間はブラックのロープタッセルでラフに束ねます。

3窓並びの小窓はプレーンシェードでコーディネート。
ここをウッドブラインドにしても相性抜群ですが、お昼間の外からの視線をしっかりと遮れるようにシェード&枠内カフェカーテンの組み合わせをセレクト。
そこでシンプルなシェードで納まらないのが派手好きカーテンランドとそんなカーテンランドにお任せいただいたお客様。

北欧アクセントボーダープレーンシェード

上部にレトロな北欧モノトーンデザインを使い、3台別のデザインを継いだオリジナルデザインシェードで仕上げました。

↓シェードを閉めるとこんな感じ。当初はシェードの下部に柄を継ぐ案もあったのですが、ダイニングテーブルが比較的大きかったことと、ダイニングに座っている時にもアクセントのデザインが楽しめるよう、上に継いでいます。

アクセントボーダー仕様のプレーンシェード

3つの柄の部分は、少しお任せでさせていただいたのですが、どこを切り取ってもカッコいいデザインなので入荷した生地次第で柄を考え、製作しています。柄リピートの大きなデザインファブリックはこんな使い方をしても楽しいんですよ~。

シンプルに、レトロに、本物の素材にこだわったインテリアにリネンやコットンを取り入れたコーディネートもなかなか素敵でしょ?

ブラックのペンダントライトとリネンカーテン

青木建築様
愛知県江南市五明町福森
・お施主様と一緒に丁寧な家づくりをされています。
気になられた方は青木建築様にぜひご相談を。

それでは皆様良いお年を。

≪その他の施工事例はこちら≫

過去の施工事例