スタイルカーテン

リビング階段間仕切りにハトメカーテン

2018年 10月 6日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日はリビング階段の間仕切りカーテンの施工事例です。
ブラックに近いダークグレーの無地でハトメカーテンで間仕切りしています。
ポールはブラック、ハトメはアクセントになるようにゴールドで。

リビング階段間仕切りハトメカーテン

実はこの階段間仕切りの反対の面に掃出窓があるのですがこんな感じになっているんです。
施工事例ブログ⇒一枚変えるだけで大きく変わるカーテンコーデ
この一枚だけ変えたカラーと階段間仕切りのハトメカーテンをリンクさせたコーディネートとなっています。

 

↓使わないときにハトメカーテンを開けて寄せるとこんな感じ。

階段間仕切りハトメカーテンが開いている

生地質が柔らかいポリエステルの無地なので納まりも良い感じです。
階段も開口部からすぐ段差があるわけではないのでカーテンを寄せ時にも干渉することがなくキレイに見えます。
壁面へビス止めをしているだけのポールレールなので左右どちらからも開閉はできて小さいお子様でも安心です。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例

コットンを2色組み合わせしたカーテン

2018年 10月 1日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県清須市のお客様。以前にリビングや寝室のお手伝いをさせていただいていて今回はお嬢様のお部屋のカーテンでご来店いただきました。

お嬢様の目にとまったのは2色のコットンを組み合わせたデザインカーテンでした。
↓グリーンアイボリーの裾にブルーグリーンを少し継いだデザイン。このブルーグリーンのバランスは実際の窓でサンプルを当ててご確認いただいています。

スウェーデンハウスコットンバイカラーカーテン

タッセルも裾と同じカラーでアクセントに。
あえてフラットカーテンで両開きにすることで、1枚のカーテンの中に幅継ぎも入らずお仕立てができました。
幅継ぎのラインが透けることがないためお昼間もキレイに感じられます。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

お客様と一緒に創るナチュラルカントリーなカーテンコーデ

2018年 7月 18日 水曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県江南市のご新築のお手伝いをご紹介いたします。
経年変化を感じさせる無垢フローリングにホワイトの壁。明るさのあるナチュラルカントリーナなLDKの掃出窓にコットンダブルガーゼのホワイトをギャザー仕様でご採用いただきました。
奥様はヒダ山を均等に取ったカーテンよりも整いすぎないランダムな表情をお好みでギャザー仕様でのお仕立てとなりました。

コットンギャザーカーテン

裾をあえて10cmの三つ折り返しでわずかにクテッとなるようにしています。
あまりズリズリになるのもちょっと・・・ということもありこの丈になっていますが
柔らかな質感に少ししっかりとした部分を見せるこのバランスもあえて狙ってもいいかもと思えるくらい素敵でした。奥様のセンスに脱帽。

 

↓レースカーテンもナチュラルで少し可愛らしさもプラス。
裾には舞い上がる小花が刺繍で描かれたナチュラルレースです。

裾に刺繍が入ったナチュラルレースカーテン

 

レースカーテンの奥ではご主人様が外構工事を準備中。
日差しがやさしく差し込むレースカーテンです。
レースカーテン越しのお子様も絵になります。

シルエットがきれいなレースカーテン

 

小窓は枠内に同じレースカーテンをカフェスタイルで納め、枠外には1台でイギリスのプリントをプレーンシェードでポイントをプラスしたコーディネートをしています。

コットンカーテンとプレーンシェードを閉めた写真

 

↓少し話がそれるのですが、このラフなアームホルダーへの掛け方、格好良くないですか?

ラフに束ねてカッコいいコットンカーテン

これ、ご主人様がなにげなく来られ
『このカーテン、良いね♪』
とおっしゃったあとにパサッと掛けたこの姿。
これがまたカッコいい。
あとでカーテン屋が何度やってもできない。。。
格好良くしてやろうという雑念が大きすぎてできない、ならない。。。
狙ってできたらいいなぁと思う邪なカーテン屋では、やっぱりできない。。。
この自然な感じが似合うのも天然素材のカーテンの良いところ。あらためて勉強になりました。

 

話を戻して
↓お隣りの小窓のシェードも奥様のこだわりが詰っています。
お気に入りのイギリス生地に、奥様にご相談を受けたフリルを付けたオリジナルのデザイン仕様に。
奥様から『こんな感じ、できますか?』と見せてもらった画像を元にお仕立てしています。

裾にリネンフリルをつけたプレーンシェード

見せていただいた画像は実はもっと荒い仕上がりのフリルで、良く言うとハンドメイド感がある物でした。
フリルの大きさもピッチも全てランダムなその仕上がりは、実際に造る人の感性で変わるため、なかなか真似ができるものではありませんでしたが、だんだんとランダムになったり経年変化を楽しんでいただくためにリネン生地でフリルを仕上げることに決定。ご採用いただきました。
今後の変化も楽しみなプレーンシェードになりました。

それではまた。

 


 

≪その他の施工事例はコチラから≫

過去の施工事例

北欧テイストの施工事例