クラシックカーテン

ウィリアム・モリス ハニーサクルのカーテンを納めました

2019年 7月 29日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日はクラシカルなインテリアにウィリアム・モリスシリーズのハニーサクルを納めさせていただいたお客様のカーテン施工例をご紹介します。

モリスカーテンのコーディネート例

ハニーサクルは、1883年にモリスの次女メイ・モリスによってデザインされた作品。

オリジナルは壁紙のデザインですが、モリスも描いたスイカズラをメイの視点から描くことで女性ならではの優しい雰囲気が感じられるデザインに仕上がっています。

モリスカーテン ハニーサクル

モリスのプリントは版数も多く陽が通った表情も豊かです。朝、カーテンをあける直前の朝陽を浴びたプリントのモリスカーテンもとっても魅力的なんです。

アンティークな家具や照明に囲まれて1800年代のデザインのカーテンが掛けられたインテリア。新品のカーテンなのにめちゃめちゃしっくり納まってるでしょ?これが本物のモリスカーテンが醸し出す雰囲気なんです。

ウィリアムモリス ハニーサクルのカーテン

クラシックデザインのモリスカーテンが加わることで、王道のクラシックインテリアコーディネートの完成です。

ここから日に妬けてプリントの色も生地も経年変化が起こってくると思いますがモリスのプリントカーテンはそれすらも格好良く感じさせてくれます。でもカーテンが破れたり裂けてきたら新しいカーテンに買い替えて下さいね(笑)

それではまた。

↓モリスカーテンの施工事例はこちらから

モリスのイチゴ泥棒をフラットカーテンで納めました

2018年 12月 15日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県北名古屋市のお客様。
厚地カーテンの掛け替えで以前はグリーンの織柄カーテンを掛けられていました。そんなリビングをイメージチェンジ。
アンティークに、クラシックに、ウィリアム・モリスの「イチゴ泥棒」でコーディネート。ただし、カーテンはヒダ山をとらずフラットカーテンに。裏地付きでお仕立てすることで適度なボリューム感があり、カチッとしすぎないクラシカルなコーディネートを実現されています。

いちご泥棒レッドのフラットカーテン

実はこちらの窓は出窓。前のカーテンもあえて床までの丈でお仕立てになっていたこともあり今回も床まででのサイズにしています。

出窓にイチゴ泥棒のカーテン

カーテンが床までになるだけで落着きあるインテリアに感じられるんです。

出窓に床までのカーテン

リビングの中心的な存在の出窓。そこを大きく見せることで重厚感と高級感がグッと増して感じられます。

イチゴ泥棒レッドのフラットカーテン

ルーズなヒダとデザインがハッキリと楽しめるのもフラットカーテンの特長。モリスが描いたイチゴ泥棒がハッキリ見えて、モリスカーテンをフラットで仕上げるのもなかなか素敵でしょ?

2階ホールは、ドレープカーテン+レースカーテンからデザイン性の高いレースカーテンを手前に掛ける、レースonレーススタイルへ変更させていただきました。

レースカーテンにレースカーテンを重ねたコーディネート

居室ではない窓で比較的視線が気にならない窓であれば、閉めっぱなしでも暗くなりすぎず、デザインレースでお洒落な印象に生まれ変わるレースonレーススタイルもおすすめです。
それではまた。

↓モリスカーテンの施工事例はこちらから

英国アンティーク家具に合わせたモリスカーテン

2018年 1月 28日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市北区の英国アンティーク、ヴィンテージ家具がカッコいいお家の施工事例をご紹介。
↓リビングダイニングにある掃出窓2窓と腰高窓を英国ウィリアムモリスデザインの『いちご泥棒』のカーテンでコーディネートしています。

ドローリーフテーブルとウィリアムモリス

 

リビングスペースには、イギリスソファの王道ともいえるチェスターフィールドソファ。
赤みのあるレザーが真っさら新品では出せない表情を醸し出してくれます。
緑みのいちご泥棒カーテンに赤いソファが映えます。

チェスターフィールドソファとウィリアムモリスいちご泥棒

 

どの角度から見てもカッコいいでしょ?
彫り物のような凹凸感も特徴のジャガードのいちご泥棒は、英国アンティーク家具の彫刻とマッチしています。

イギリスアンティークの彫刻が施された家具

 

英国家具と英国ウィリアムモリスのカーテン。
何十年何百年の年月を経ても色褪せることのない本物のデザインです。

英国アンティーク家具とモリスカーテン

 

↓お昼間はこんな感じ。
ジャガードのいちご泥棒をセレクトしていただいたことでカーテンのボリューム感や重厚感が束ねていても感じられます。

いちご泥棒のカーテンとシェード

 

↓レースカーテンもいちご泥棒でコーディネート。
刺繍がこれまた高級感もあってステキなんです。

モリスいちご泥棒レースカーテン

 

後日、追加でご注文をいただいた階段間仕切りのプレーンシェード。
こちらもやっぱりウィリアムモリスのいちご泥棒をセレクト。
天井面も少し開口があるためお話をいただいた際はどうしようかなぁと悩みましたが
ご主人様からの案でシェード+フラット生地で覆うことになりました。

階段間仕切りにモリスいちご泥棒プレーンシェード

階段を大きく覆うようにプレーンシェードを取付けし、その幅と同じサイズで天井の開口を覆えるフラットな生地をご用意しました。
天井面への生地の取付はご主人様施工でカーテンランド&DIYとなっています。

 

このようにシェードを取付けすると2階から降りたときに閉まっていると
『お~い、開けて~~』とリビングに入る方にお願いをして開けてもらうことになります。
これは当然ご了承済みで、実は大きな荷物の搬入などがあった時にシェード本体や生地を外すだけで干渉するものが無くなるようにしたいというお考えからでした。

階段間仕切りプレーンシェード

天井のフラットの生地もその考えのもと、取外しがしやすいように、ご主人様がスナップボタンを使って施工をされているんです。
ご主人様のアイデアと行動力、そしてセンスにもう脱帽。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >