クラシックカーテン

モリスのイチゴ泥棒をフラットカーテンで納めました

2018年 12月 15日 土曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県北名古屋市のお客様。
厚地カーテンの掛け替えで以前はグリーンの織柄カーテンを掛けられていました。そんなリビングをイメージチェンジ。
アンティークに、クラシックに、ウィリアム・モリスの「イチゴ泥棒」でコーディネート。ただし、カーテンはヒダ山をとらずフラットカーテンに。裏地付きでお仕立てすることで適度なボリューム感があり、カチッとしすぎないクラシカルなコーディネートを実現されています。

いちご泥棒レッドのフラットカーテン

実はこちらの窓は出窓。前のカーテンもあえて床までの丈でお仕立てになっていたこともあり今回も床まででのサイズにしています。

出窓にイチゴ泥棒のカーテン

カーテンが床までになるだけで落着きあるインテリアに感じられるんです。

出窓に床までのカーテン

リビングの中心的な存在の出窓。そこを大きく見せることで重厚感と高級感がグッと増して感じられます。

イチゴ泥棒レッドのフラットカーテン

ルーズなヒダとデザインがハッキリと楽しめるのもフラットカーテンの特長。モリスが描いたイチゴ泥棒がハッキリ見えて、モリスカーテンをフラットで仕上げるのもなかなか素敵でしょ?

2階ホールは、ドレープカーテン+レースカーテンからデザイン性の高いレースカーテンを手前に掛ける、レースonレーススタイルへ変更させていただきました。

レースカーテンにレースカーテンを重ねたコーディネート

居室ではない窓で比較的視線が気にならない窓であれば、閉めっぱなしでも暗くなりすぎず、デザインレースでお洒落な印象に生まれ変わるレースonレーススタイルもおすすめです。
それではまた。

↓モリスカーテンの施工事例はこちらから

英国アンティーク家具に合わせたモリスカーテン

2018年 1月 28日 日曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県名古屋市北区の英国アンティーク、ヴィンテージ家具がカッコいいお家の施工事例をご紹介。
↓リビングダイニングにある掃出窓2窓と腰高窓を英国ウィリアムモリスデザインの『いちご泥棒』のカーテンでコーディネートしています。

ドローリーフテーブルとウィリアムモリス

 

リビングスペースには、イギリスソファの王道ともいえるチェスターフィールドソファ。
赤みのあるレザーが真っさら新品では出せない表情を醸し出してくれます。
緑みのいちご泥棒カーテンに赤いソファが映えます。

チェスターフィールドソファとウィリアムモリスいちご泥棒

 

どの角度から見てもカッコいいでしょ?
彫り物のような凹凸感も特徴のジャガードのいちご泥棒は、英国アンティーク家具の彫刻とマッチしています。

イギリスアンティークの彫刻が施された家具

 

英国家具と英国ウィリアムモリスのカーテン。
何十年何百年の年月を経ても色褪せることのない本物のデザインです。

英国アンティーク家具とモリスカーテン

 

↓お昼間はこんな感じ。
ジャガードのいちご泥棒をセレクトしていただいたことでカーテンのボリューム感や重厚感が束ねていても感じられます。

いちご泥棒のカーテンとシェード

 

↓レースカーテンもいちご泥棒でコーディネート。
刺繍がこれまた高級感もあってステキなんです。

モリスいちご泥棒レースカーテン

 

後日、追加でご注文をいただいた階段間仕切りのプレーンシェード。
こちらもやっぱりウィリアムモリスのいちご泥棒をセレクト。
天井面も少し開口があるためお話をいただいた際はどうしようかなぁと悩みましたが
ご主人様からの案でシェード+フラット生地で覆うことになりました。

階段間仕切りにモリスいちご泥棒プレーンシェード

階段を大きく覆うようにプレーンシェードを取付けし、その幅と同じサイズで天井の開口を覆えるフラットな生地をご用意しました。
天井面への生地の取付はご主人様施工でカーテンランド&DIYとなっています。

 

このようにシェードを取付けすると2階から降りたときに閉まっていると
『お~い、開けて~~』とリビングに入る方にお願いをして開けてもらうことになります。
これは当然ご了承済みで、実は大きな荷物の搬入などがあった時にシェード本体や生地を外すだけで干渉するものが無くなるようにしたいというお考えからでした。

階段間仕切りプレーンシェード

天井のフラットの生地もその考えのもと、取外しがしやすいように、ご主人様がスナップボタンを使って施工をされているんです。
ご主人様のアイデアと行動力、そしてセンスにもう脱帽。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

 

ブルーカラーのクラシックモダンカーテン

2015年 11月 9日 月曜日

愛知県北名古屋市のカーテンランドです。

今日は愛知県北名古屋市のお客様。

ご新築時のオーダーカーテンに傷みが出てきたことと、一部窓周りの使い方の変更を考えたいということがきっかけでご来店頂きました。
まずは玄関から入ってすぐのお部屋のカーテンからご紹介。
仕切りを取るとリビングとの一体感が生まれるこちらのお部屋にはFIX窓と押し出し窓の組み合わせサッシがあります。
今までは厚地が木製ポールレール、レースはプレーンシェードという窓。
押し出し窓の網戸が内開きのため、窓を開ける時に少々やりにくくなっていました。

カーテンレールも変えて、厚地もレースもカーテンのスタイル
レールの長さも伸ばして、たたみ代が窓にかかる量を少なく変更して網戸との干渉を解消しました。

生地はカーテンランドの輸入ブランドからのセレクト。
奥様に一目惚れしていただいた美しいブルーが特長のクラシックモダンなコレクションです。

リビング&洋室

リビングにある出窓には洋室と同じブランドのコレクションから花柄の刺繍カーテンをセレクト。
出窓に接するようにある縦長小窓は以前はシェードだったところを窓枠内に木製ブラインドにされています。

 

ダイヤ柄に立体的になった地と平滑なラインの凹凸差が生み出すコントラストが特徴の生地です。光の当たる角度やカーテンのヒダの陰影がグラデーションのように生地を変化させて見せます。

洋室接写

 

ダイニングからリビング、洋室まで見るとこんな感じ。
リビングの弓型出窓は厚地もレースもアーチに沿って掛けられていましたが、今回厚地は手前に直線でレールを新たに取付し、レースは出窓のガラス3枚分のみプレーンシェード、両端の1枚ずつはそれぞれ片開きのカーテンという組み合わせに変更。
レースを上下の動きのものに変えたい!という奥様のご要望のスタイルとなりました。

厚地はリビングの出窓とダイニングの掃出窓を合わせています。

リビングダイニング

 

とにかく刺繍が美しい、密度の高さと“青”の美しさが際立つ配色で上質感のあるカーテンです。

リビング接写

 

ダイニングは掃出窓と出窓で違うデザインでコーディネート。
同じグループ、同じコレクションの中からのセレクトなので違和感ゼロです。

ダイニング

 

ダイニングの出窓は以前と同じプレーンシェードと枠内にレースのスタイル。
出窓枠内のカーブレールも新調しています。
シェードにご採用いただいたこの2色の刺繍を交互にストライプ柄にしたデザインも奥様のお気に入り。
掃出窓の刺繍生地と同じベースはヴィスコースとリネンのしっとりとした光沢と素材感が高級感を醸し出してくれます。

ダイニング出窓シェード接写

 

リフォームに合わせたカーテンのコーディネートもお気軽にご相談ください。

それではまた。

 

店内案内 > 出張コーディネート > カーテンランドの動画 >

斉藤アップ500×500グレイ【担当Stylist:斉藤】